新・日日是好日

文=帯津良一

10年の歳月と思わぬ収穫

医師と患者をつなぐソーシャルワーカー

 

昔、主治医さんとどうしても気が合わないので、主治医さんを替えていただけないだろうかという患者さんからの要望を何回か受けたことが ある。医師と患者さんが互いの信頼 感の上に一体になることこそ、医療 の基本であると考えている以上、この要望には誠心誠意こたえるようにしている。

まずは、わが右腕のような総師長を呼んで「よきに計らえ」と丸投げしてはばからなかった。総師長こそ好い面の皮だ。さぞかし苦労したにちがいない。ところがここ10 年は、そのような要望を受けたことがない。わが病院の自然治癒力が高まって、そのような要望が皆無になったとも思われないので、ここはどうしても 11 年前に就職して来たソーシャ ルワーカーのN君のはたらきであると推量している。
 
彼は年来の志望であった福祉関係の学部を卒業して、私のホリスティック医学に惹かれて、わが病院に就職して来たという。たしかにソーシャルワーカーの仕事は人間まるごと、ホリスティックそのものだ。

ところで、ソーシャルワーカーとは心理的、社会的な問題をかかえている人に問題解決のための援助を提供する専門職の総称である。そして、ソーシャルワーカーとしての資格はないが、ほとんどのワーカーは「社会福祉士」とか「精神保健福祉士」などの国家資格を持ち合わせているという。

(‥‥‥続きはVol.33をご覧ください)

おびつ りょういち

帯津三敬病院名誉院長。日本ホリスティック医学協会名誉会長。1936年埼玉県生まれ。61年東京大学医学 部卒業。東京大学医学部第 三外科医局長、都立駒込病 院外科医長などを経て、82 年帯津三敬病院を開設し院長。西洋医学だけでなく、中国医学、ホメオパシー、代替医療など様々な療法を駆使してがん診療に立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学の確立を目指している。 新刊は『毎日ときめいていますか?』(風雲舎)など。講演会、養生塾などの開催については、 http://www.obitsusankei.or.jp/ をご覧ください。

このコラムの記事一覧

新着記事

おすすめ記事

児玉清さんが遺したことば

浜美枝さんの箱根

good fellows

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club