Music『サ・コンサート・イン・ハイド・パーク』

過去と現在を 自在に行き来する 〝いい音楽〟 の凄さ

文=立川直樹

 

 
僕達は本当に〝複製物〟の恩恵に預っていると思う。前号では「目の前に並んでいるCDを見ると、本当に凄いことになっているのが偽らざる印象だ」という書き出しで、ビートルズの名盤『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ』の 50 周年記念エディションを筆頭に、ずっと手元に 置いて楽しみたいCDを10 枚ほど紹介したが、その〝凄いこと〟はますます勢いを増している感じがする。
 
まず紹介したいのは、サイモン&ガーファンクルとして僕達の前に姿を現してから様々な形で時代に重要な一石を投じ続けてきた天才ミュージシャン、ポール・サイモンが2012年の7月 15 日、ロンドンのハイド・パークで行われた〝ハード・ロック・コーリング・フェスティバル〟の最終日に3時間にわたって繰り広げた歴史的なコンサートを2枚のCDとDVDの形にまとめた『ザ・コンサート・イン・ハイド・ パーク』。演奏曲はグラミー受賞年を迎えていた「グレイスランド」を 中心に、「僕のコダクローム」や「母と子の絆」などの不朽のヒットや、サイモン&ガーファンクル時代の「サウン ド・オブ・サイレンス」や「ボクサー」 などの名曲の数々で、それを「グレイスランド」に参加していたヒュー・マ サケラやレディスミス・ブラック・マ ンバーゾといったアフリカのミュージシャンや、レゲエ界のスーパースター、ジミー・クリフが加わる熟達したバンドが最高のグルーヴで、ポー ル・サイモンの歌をひきたてているが、 現在と過去が言葉では形容できないほどに見事に行き来するパフォーマンスは、ザ・ガーディアン紙が「ポール・サ イモンのキャリア史上に残るコンサートのひとつ」と評したのにも実に素直にうなずくことができる。

そして1969年にはローリング・ ストーンズのブライアン・ジョーンズ 追悼コンサートをはじめ、数々の伝説的コンサートが行われてきたハイド・パークでは昨年の7月3日にも驚きのライヴが行われていた。

6万5千人以上の熱狂的な観衆の前に立ったのは、前号で安倍寧さんがその半生を描いたミュージカル『ビューティフル』を紹介していたキャロル・ キング。1971年に発表され、ビルボード・チャートで 15 週連続1位を獲得し、その後306週にわたってチャートにとどまり、2千万枚以上の セールスを記録した歴史的名盤『つづ れおり』 45 周年を記念したコンサート では、オリジナル盤に参加した達人ギ タリスト、ダニー・コーチマーがバンド・メンバーとして名を連ね『つづれおり』を史上初めて全曲演奏した他、 彼女の圧巻の楽曲群の中からお気に入りの楽曲も披露されたが、改めて〝いい曲〟と〝いい音楽〟というのは軽く時空を超え、かつ流行などと関係なく人の心を打つものだと実感させられた。

収録曲は21 曲。DVDの冒頭ではデヴィッド・クロスビーやエルトン・ジョ ンなどそうそうたるアーティストからのお祝いコメントを見ることもできるが、60 年代から旺盛な創作活動を続けている本物のアーティストの底力にも心から頭が下がる。

そのトリを飾るのがデヴィッド・ギルモアの『ライヴ・アット・ポンペイ』。 ピンク・フロイド以来 45 年ぶりとなる ポンペイの円形闘技場で、2016年7月7日と8日に行われた歴史的ライヴを映像監督のギャビン・エルダーが 4Kで撮影したもので、デヴィッド・ ギルモアと手練のミュージシャンたち が奏でる音楽とクロスする巨大な円形スクリーンから放たれる光の洪水とイマジナティヴな映像と、レーザー光線駆使したライティングは、壮観な大 スペクタクル・ショーになっている。

〝特別な場所〟で演奏されたのはソロ・ アルバムからの曲に加え、ピンク・フロイドの名曲の数々。そこに漂う陶酔感はかけがえがない

ポール・サイモ
『ザ・コンサート・イン・ハイド・パーク』
SICP-5534~SICP-5536   4,800円+税
発売元:ソニー・ミュージックジャパン インターナショナル

たちかわ なおき

音楽、映画、舞台、美術、出版など幅広いジャンルで活躍するプロデューサー&ディレクター。伊丹十三、篠山紀信、横尾忠則、久石譲、ピエール・バルー、ミック・ロック、和田誠、鋤田正義など各界のアーティストの映画音楽から展覧会までプロデュースを手がける。ジャンルをかけ合わせるメディア・ミックスやロックとオーケストラのコラボレーションなどでは独自の手法で高い評価を得ている。著書に『シャングリラの予言(正・続)』(森永博志氏との共著)、『セルジュ・ゲンスブールとの一週間』『父から子へ伝える名ロック100』『TOKYO1969』など多数の著書がある。


新着記事

おすすめ記事

児玉清さんが遺したことば

浜美枝さんの箱根

good fellows

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club