Stage 7月4日(水)~29日(日)ミュージカル『エビータ』

ミュージカルナンバーの宝庫

文=安倍 寧

 

不動のテーマ曲『アルゼンチンよ、泣かないで』

 

 久々に『エビータ』が見られる。 嬉しい。劇団四季がなんどか日本版を上演してきたけれど、来演版は初めてだし。そしてなにより私のごひいきのミュージカルなのだから。

 ひいきの最たる理由。「アルゼンチンよ、泣かないで」という不動のテーマ曲があることだろう。 昔はミュージカルが当たるか当たらないかは、観客が劇場を出るとき口ずさみたなる曲があるかないかに掛かっているといわれた のだ。しかし、最近はそういう作品になかなかお目に掛かれない。

 改めてYouTubeでマドンナの 歌うこの歌を聴いてみた。マドンナは映画化されたときの主演女優である。映画の場面を編集したもの、ブエノスアイレスでのコンサートからのものなど何通りかある。とくに後者、何人かのギター 奏者を従えてのライヴ・ヴァー ジョンがいかにも南米風で、とても気に入った。

 ヒロインのエビータは、アルゼンチン大統領ファン・ドミンゴ・ペロン夫人だったエヴァ・ペロンである。一介の女優、歌手から美貌と策略でファースト・レディにまでのし上がった。しかも、癌のため 33 歳という若さでこの世を去る。これ以上に劇的な生涯を送ったヒロインはそうざらにいない。

 この作品は、ティム・ライス(作 詞)、アンドリュー・ロイド=ウェ バー(作曲)の手になる。そもそもの発端は、ライスがカー・ラジ オで彼女にまつわるドキュメンタ リー番組を聞いたことだという。

 ライスは、少年時代、切手蒐集 マニアだった時期があり、コレクションのなかにエヴァの肖像切手を持っていて名前ぐらいは知っていた。それだけになにかぴーんとくるものがあったようだ。切手集とカー・ラジオ。ミュージカルのネタってどこに転がっているかわからない。
 

〝作品に深みを増す想像上のキャラクター

 
 このミュージカルが大成功を収めた理由のひとつは、ライスが、 ペロン大統領、エヴァと並んでチェという登場人物を創造したことにある。ペロン夫妻は完全に実 在の人物だけれど、チェは想像上のキャラクターなのだ。キューバ 革命の立て役者チェ・ゲバラがアルゼンチン生まれだと知って、ライスが生み出した人物像である。

 チェは物語の進行するなかで司会役のような役割を果たす。エヴァに対して好意的なときもあれば批判的なときもある。同様、エヴァの味方かと思うと、突然敵に回る民衆に対しても常に皮肉な目を向ける。この作品が劇として深みを増したとすればチェという 存在なしには考えられない。

 ことし3月 22 日、ロイド=ウェバーは 70 歳の誕生日を迎えた。今や『キャッツ』『オペラ座の怪人』 の作曲家として世界のミュージカル界に君臨する巨匠だが、 78 年、『エビータ』ロンドン初演時はわずか 30 歳に過ぎなかった。それだけに音楽にエネルギーが漲る。

 このミュージカルの印象深い曲は「アルゼンチンよ、泣かないで」だけではない。ほかにも私たちの胸に染みる曲が沢山ある。チェが皮肉たっぷりに歌う「オー・ワット・ア・サーカス」、大統領の愛する女が前の情婦からエヴァに入れ替わる場面での「アナザー・スー ツケース・イン・アナザー・ホール」 など『。エビータ』はミュージカル・ナンバーの宝庫といっていい。

©Emma Kingston as Eva-Evita International Tour -Photpgraph by Pat Bromilow-Downing

ミュージカル 『エビータ』

東急シアターオーブにて7月4日(水)~7月29日(日)
作詞:ティム・ライス/作曲:アンドリュー・ロイド=ウェバー/ 演出:ハロルド・プリンス/
出演:エマ・キングストン、ラミン・カ リムルー(日本公演限定キャスト)、ロバート・フィンレイソン、ア ントン・レイティン、イザベラ・ジェーン、LJ・ニールソン、ダニエ ル・ビトン
料金(税込):S席13,500円、A席11,000円、B席9,000円、 学生チケット6,500円 ※生演奏、英語上演(日本語字幕あり)

〔住〕渋谷区渋谷2-21-1渋谷ヒカリエ11F
〔問〕Bunkamura 03-3477-324(4 平日10:00~19:00)

あべ やすし

音楽評論家。1933年生まれ。音楽評論家。1933年生まれ。慶應義塾大学4年生のときに日本のポピュラー音楽、レビューについて新聞・雑誌に寄稿を始め、60~90年代は、日本レコード大賞審査委員・実行委員、東京音楽祭国内・国際両部門審査委員を務める。65~66年のシーズン以来、ブロードウェイ、ウエスト・ エンドの主要作品のほとんどすべてを観劇している。80~ 00年代にかけ劇団四季取締役として『キャッツ』『オペラ座の怪人』『ライオンキング』などの日本公演の企画・交渉に携わる。『ショウ・ビジネスに恋して』『ミュージカルにI LOVE YOU』『喝采がきこえてくる』などの著書がある。


新着記事

おすすめ記事

児玉清さんが遺したことば

what a beautiful time

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club