TROUBLE PEACH  トラブル・ピーチ

暗い、急な階 段を上ると、趣きが あるというのか、下 北沢の夜の語り部の 住処といった、穴 ぐらのような空間 が待っていた。オー ナーの中居克博さん とは、カズさんが高 校時代からの顔見知 りだそうだ。まず目 をひくのが、棚に詰 め込まれた中居さんが 15 歳の頃から 集めたというLPレコード。優に一 万枚はあるという。

1階にもカウン ター席があり、カズさんはいつもは 1階で飲んでいるそうだ。昭和 49 年 に1階がオープン、昭和 55 年に2階 がオープンした。中居さんは夜の〝シ モキタ〟を 42 年間見続けてきた人物 だ。カズさんはジントニックを注文 して、中居さんの話に耳を傾ける。

このバーには、来たことがない人 の名前を挙げたほうが早いくらい、 多くのミュージシャン、芝居関係者 が訪れている。織田哲郎、渡辺香津 美、忌野清志郎、布袋寅泰、カルメ ンマキ、緑魔子、石橋蓮司、吹越満、 映画監督の高橋伴明に根岸吉太郎。 次々と名前が挙がる。売れる前のミ スチルも来ていた。もちろん、松田優作も。「

まだ売れる前に福山雅治 と江口洋介が同じタイミングで来て いたけど、一 ・・・・・・ つ屋根の下で飲んでい ながら、お互い気がついていなかっ た」というユーモアに富んだエピ ソードにカズさんも大笑い。昭和 50 年代の後半ころが一番過激で、店で は連日のように喧嘩が絶えなかった という。中居さん曰く「みんな必死 だったんだよ」と〝。シモキタ〟のバー ならではのスケッチではないだろう か。

「僕もいつか、マスターに語ら れる人物になりたいな」というカズ さんにとって、生まれ育った下北沢 は、カズ・ハヤシという人格を形成 した町であり、カズさん自慢のホー ムタウンだということが感じられた 町歩きだった。

オーナー中居克博さんが必ずいるのは金曜・土曜で、中居さんが いることを確認してから訪れる客も少なくない。客からの電話で 呼び出されることもあるそうだ。朝7時まで飲み、語り、レコードに 耳を傾け、そしてまた、〝シモキタ〟の夜の世界の歴史の1ページ が作られる。中居さんの酒がすすむほどに、面白い話が引き出せ るようだ。 

TROUBLE PEACH トラブル・ピーチ

 〔住〕世田谷区北沢2-9-18〔 問〕03-3460-1468 〔営〕19:00〜翌7:00〔 休〕無休


新着記事

おすすめ記事

成城学園前~住人御用達の看板店

いい街には、いい本屋がある

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club