下北沢 本多劇場

下北沢が〝演劇の町〟〝小劇場演 劇の聖地〟と呼ばれるようになった のには、本多劇場の存在が大きく影 響している。1982年 11 月3日の 〝文化の日〟に開場し、唐十郎の『秘 密の花園』で幕を開けた本多劇場。 野田秀樹主宰の夢の遊眠社、鴻上尚 史主宰の第三舞台、松尾スズキ主宰大人計画、ケラリーノ・サンドロ ヴィッチ率いるナイロン100℃な ど、数々の小劇場界の劇団がこの劇 場で公演を打っている。現在、下北 沢には本多劇場以外に、ザ・スズナ リ、駅前劇場、OFF・OFFシア ター、「劇」小劇場、小劇場「楽園」、 シアター711、小劇場B1と本多 劇場グループの8つの劇場があり、 すべてを合わせると客席数は1000を超える。
  

藤田さんが上京して東京藝術大学入学時に住んだ町は京王井の頭線の池ノ上だった。下北沢の隣駅である。 「2001年から池ノ上に2年間ほ ど住んでいたので、下北沢は東京で 初めて親しんだ町ですね。本多劇場 へもよく通いました。ケラさん(ケ ラリーノ・サンドロヴィッチ)や、 松尾スズキさんの舞台を夢中になっ て何度も観ていました。いつか、こ の劇場で演出してみたいと思ってい るんですが、なかなか実現しなくて」 と、本多劇場は、藤田さんにとって 憧れの劇場である。  

劇場を案内してくださったスタッの方によると、下北沢の劇場に芝 居を観に来る人たちは本当に芝居の 好きな人で、人気俳優目当てという より純粋に作品を観に来ているということだ。そして、渋谷や新宿のような大きな街でなく、この小さな町 を地方からも訪れる人が多いのは、 下北沢が劇場のある町だというのが 大きな要因ではないかと。だから下 北沢は〝演劇の町〟としても多くの 人々に語られるのである。

 

そして客も出演者をはじめとする演劇関係者たちも、芝居がはねると 芝居熱が冷めやらぬまま、劇場から居酒屋やバーなどへと向かう。芝居の後は、真っ直ぐ家路に向かう気にはなれない、劇場での時間を共有した誰かと、芝居の話がしたくなるのだ。劇場の周囲に適当な店がない土地柄だと困ってしまう。その点でも、下北沢には劇場の周辺に店が多く、町のそういった特性も、〝演劇の町〟 としての活性化に一役買っている。 たまたま入った居酒屋で、今観てきたばかりの芝居の俳優たちに遭遇する機会も多く、これはほかの町ではなかなか見られない下北沢ならではのスケッチかもしれない。

下北沢 本多劇場

1982年に演劇専用劇場として開場した、本多劇場 グループ最大規模の劇場で、本年35周年を迎える。 客席数は386席。4月にはロッチやアンガールズら が日替りでライブを行う「下北沢ワタナベエンタメフェ ス」や、立川志らくのひとり芝居~現代落語論~「不 幸の伊三郎」などがラインナップされている。ここを ホームグラウンドとする、ケラリーノ・サンドロヴィッチ 率いるナイロン100℃の新作が11月~12月に上演 されることも決定している。

〔住〕世田谷区北沢2-10-15 〔 問〕03-3468-0030

 


新着記事

おすすめ記事

成城学園前~住人御用達の看板店

いい街には、いい本屋がある

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club