Mike’s マイクス

白いシャツに黒の蝶タイ、ベスト姿の主人マイクさんのバーテンダー歴は戦後米軍に接収されていた琵琶湖ホテルから始まる。15歳だった。ホテルの総支配人を務める将校のアメリカ人が、マイク・パトリック・オブライエンと いう名をつけてくれた。その後、京都・伏見、大船のベー スを経て鎌倉にバーを開き、今年で53年目となる。

銀座や横浜のベテラン・バーテンダーにも一目置かれる存在で、〝鎌倉のレジェンド〟とも異名をとる。また、ウォッカとグレープフルーツジュースで作るカクテル〈ブルドッグ〉の 名付け親としても知られる。初めての客でも、なじみの客でも誰に対しても同じように接するマイクさんのスタイルは、酒癖の悪さで悪名を流していた立原正秋をも紳士にした。

マイクさんを慕って50年以上通い続ける客もいれば、一旦鎌倉を離れても戻ってくる人も多い。いい飲み手が集まるのもいいバーの証しであれば、それはバーテ ンダー・マイクさんあってのこと。ローストビーフ、手羽、 オムレツなどフードメニューも大人気。

〔住〕鎌倉市小町2-11-11かつら小路1F 〔問〕0467-24-9538 〔営〕19:00~深夜まで 〔休〕木曜


新着記事

おすすめ記事

児玉清さんが遺したことば

what a beautiful time

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club