名曲・珈琲 新宿 らんぶる

1950 年に現在の中央通りで開店後、55 年からは現在の地で営業。建物は建て替えられているが、椅子やテーブルは昔のままである。〈らんぶる〉とはフランス語で「琥珀」の意味だと3 代目に当る重光康宏さんが教えてくれた。名曲喫茶ということで、以前は私語厳禁で、席もスピーカーに向うように並べられていたが、今の時代は音楽も個人で楽しむ時代、現在のスタイルとなった。入口の木彫りの看板は、常連客からの贈り物だ。当時学生だったという年配の人たちが、今でも通っている。戦後の新宿文化の面影がここには残っているからだろう。ブレンドコーヒー550 円、クリームソーダ650 円、琥珀セット(トースト・サラダ・ヨーグルト付)750 円、ピザトーストセット900 円、ケーキセット900 円、ピラフセット900 円など昭和の喫茶店のメニューがどこか新鮮に感じられた。

〔住〕新宿区新宿3-31-3 
〔問〕03-3352-3361 
〔営〕9:30 ~ 22:30L.O. 
〔休〕無休


新着記事

おすすめ記事

児玉清さんが遺したことば

what a beautiful time

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club