洋食酒場 フライパン

 
「今から、 お連れするのは、駅からもちょっと 離れているので、ふらりと立ち寄る というより、事前にスケジュール に組みこんで訪ねるレストランで す」と案内してくれたのは〈洋食酒 場 フライパン〉。洋食を食べながら、 酒も飲める、大人が集まる店を作ろ うと、平成 23 年にオープンしたオー ナーの岩城健太郎さんはカズさんの 代沢小学校、富士中学校時代の同級 生。「当時から器械体操が得意でし たが、まさかプロレスラーになると は、しかもこんなにビッグになると は思っていませんでした」との岩城 さんの弁に、ニヤニヤ顔のカズさん。

メニューには胃袋を刺激する多彩 な料理が並ぶ。シェフの原田慎也さ んにおまかせすることにした。まず は自家製ササミジャーキー。
「ササ ミって、パサパサしたイメージがあ るのに、しっとりしている。それに 燻し加減が絶妙ですよ」と、赤ワイ ンもすすむ。
続いて白レバーとたっ ぷり葉っぱのリヨネーズサラダ 温 玉添えは、厚切りのベーコンと白レ バーのソテーに野菜がたっぷりと添 えられ、この一皿で十分なほどのボ リュームだ。「健ちゃん、すごい量 だね」と、カズさんもびっくり顔だっ たが、さすがレスラー、見事に食べきる。〆に出されたのが、ヒレ肉の 特製ビーフカツサンド。フライパン 名物を謳うだけあって、「すごい贅 沢な味で、幸せを感じる」と、カズ さんの舌と胃袋を完全にとらえたよ うだ。テイクアウトで注文する客が 多いという。今までにも、何度かこ の店を訪れているカズさんだが、今 回の料理はすべて初めてだったとい う。それにしても小学校時代からの 仲が、いまでも健在だというのは、 なんとも微笑ましく、羨ましいかぎ りである。

入口カウンター(喫煙席)7席、奥カウンター6席、テー ブル3卓で、30代、40代を中心に70代の老夫婦、日 曜日には家族連れと、各世代の下北沢住人の胃袋を 満足させるレストラン。〈ヒレ肉の特製ビーフカツサン ド〉2,000円、〈自家製ササミジャーキー〉600円、〈白 レバーとたっぷり葉っぱのリヨネーズサラダ 温玉添え〉 1,100円、女性スタッフ井手恵子さんの十八番〈絶対 美味しい生春巻〉800円、隠れた人気商品〈自家製ハ ニーチーズディップ〉550円、スクランブルエッグのイメー ジを覆す〈ずわい蟹とトリュフの贅沢スクランブルエッ グ〉1,300円、〈ローストポークのサラダ仕立て ソースグ レイビー〉1,200円、〈セップ茸のクリームパスタ〉1,500 円、〈網脂とキャベツで包んだフライパン流特製ロール キャベツ〉1,950円など、常連になりたい店だ。

洋食酒場 フライパン

〔住〕世田谷区代沢4-44-13レグルス下北沢1F 〔問〕03-3418-0647 〔営〕18:00〜深夜0:00L.O(. 日曜は23:00L.O.) 〔休〕月曜


新着記事

おすすめ記事

児玉清さんが遺したことば

what a beautiful time

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club