吉野鮨本店

日本橋高島屋の真裏の通りにある𠮷野鮨本店は、明治12年の創業。庶民が愛した屋台寿司からスタートして、現在は5代目の𠮷野正敏さんが伝統を受け継ぎ暖簾を守る。明治の頃は赤身が中心で脂身は使われなかったが、最初に使ったのがこの店だ。大正に入って2代目の頃、食べたらトロっとした味で、「トロ」と名付けられたという。特に3代目の祖父が様々な記録を残しており、5代目正敏さんはよくそれを読み学んでいるという。1階は、カウンター12席と、テーブル3卓、 掘りごたつ式2卓があるが、「カウンターとテーブルどちらも同じです」という意味で、高さが同じ。ランチは7貫と巻物 3切の2,000円が一番人気だ。にぎりずしは他に2,500円、 3,000円、ちらしずし2,000円、2,500円、とろにぎり5,000 円。鉄火重2,000円、とろ鉄火重4,500円などがある。

〔住〕中央区日本橋3-8-11 〔問〕03-3274-3001 〔営〕11:00~14:00(昼) 16:30~21:30(夜)(月~金曜) 11:00~14:00(土曜) [休〕日曜・祝日


新着記事

おすすめ記事

児玉清さんが遺したことば

what a beautiful time

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club