中国料理 桂花 ケイファ

成城に店を構えて32年目、オーナーは望月哲人さん、娘婿のの敬さんがマネージャーを務める。

まずは、酸辣湯麺(サンラータンメン)。

「酸辣湯麺は初めてですが、 めちゃくちゃうまいです。酸味と辛味のバランスがとてもいいですね。 クセになる味です」と箸がとまらない淵上さん。小野料理長の「酸味を抑えているので、黒酢を少しいれると味が変化しますよ」とのアドバイ スで、黒酢をかけて更に一口。「ホント!味が深まりますね。スープ が麺にからむ感じがまたいいですね」と見事な初食レポ。

続いて、〈エビとイカのシソ風味炒め〉と〈牛フィレと夏野菜の山椒風 味ピリ辛炒め〉。「エビとイカが大ぶりで食感がよくて、翡翠色の見た目も風味も爽やかですね。牛フィレの料理は、ほの な痺れと辛味が心地よく、絶対に白 飯が欲しくなります」と大満足。 椒で痺れを、酸辣醤、唐辛子、豆板醤で辛味を出している。自家製の麻辣醤には21種類の調味料や香辛料が使われている。料理には化学調味料が一切使われていないので、コクを 回らないという、決してしつこくならない上品な味に仕上がっているのだろう。

人気の週替りランチは1,500円で、ある週のメインにはエビのチリソース、イカとエビと青海苔の塩味炒め、 肉とピーマン細切り炒め、麻婆豆腐が用意されていた。
おすすめ料理として酸辣湯麺1,200円、海鮮あん けチャーハン1,200円、にらとクコの実の薬膳がゆ(胃腸の動きを強化し滋養強壮効果もある)1,200円、しびれる辛さ四川麻婆どんぶり1,200円が紹介されている。

 

コースは2名からの注文で、昼のサービスコース は1人2,000円と3,000円、夜の特選Aコース5,000 円、特選Bコース6,000円などのほか、料理長おまかせ4,000円、食養(薬膳)おまかせ4,000円もある。一 品料理は3~4名用小サイズと1~2名用スモールサ イズがあり、エビとイカのシソ風味炒め(小2,200円、 スモール1,400円)、牛フィレと夏野菜の山椒風味ピリ辛炒め(2,600円、1,600円)、中国黒酢仕立て酢豚 (2,000円、1,300円)、豚スペアリブの揚物特製スパイスかけ1,400円(2本)など料理人の心意気と気配りが行き届いた料理が並ぶ。

〔住〕世田谷区成城6-4-13成城フルールビル2F 〔問〕03-3483-8581 〔営〕昼11:30~14:00L.O.、 夜17:00~20:30L.O. 〔休〕1/1~1/3


新着記事

おすすめ記事

成城学園前~住人御用達の看板店

いい街には、いい本屋がある

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club