堀口珈琲 世田谷店

「森繁通り」の入口、コーヒーのいい香りがただよってきた。1990年に、おいしいコーヒーの探求のため堀口俊英さんが創業した、コーヒー通にとって聖地のような店〈堀口珈琲〉である。

堀口さんは、鮮度の高い生豆を重視し、世界の単一農園の個人生産者という部分まで限定した生産者たちとパートナーシップを組み、安定したおいしさのコーヒー、キャラクターの際立つコーヒーを追求し、シングルオリジンとして紹介している。また、新たな香味を創り出すブレンド作りこそ、堀口珈琲の真髄ともいえる仕事で、優れた生豆を求めるのも、ブレンド作りのためといっても過言ではない。

ここでは、個性豊かな素材を繊細な感覚と大胆な発想で配合した多彩な香味の♯1から♯9の9種類のブレンドを楽しむことができる。

堀口さんはパイオニア精神の人である。コーヒー豆の販売コーナーの奥にはカフェスペースが用意されている。

セミナーなどで忙しく、いつもは店に出ることが少ない堀口さんだが、この日は特別に堀口さん手ずからコーヒーを淹れていただけることになった。

「コーヒーが大好きで、撮影の合い間にはずっとコーヒーを飲んでいました」という町田さんのために選んでいただいたのがブレンド7〈BITTERSWEET &FULL -BODIED〉。柔らかい苦みにほのかな甘みの堀口珈琲を象徴するブレンドだ。手作りのタルトモンブランも用意していただいた。

コーヒーはローストによっても風味が変化する。ローストが浅いと酸味が強く、深くなるにつれ苦味が強くなる。堀口珈琲の酸味はフルーティな甘みを伴い、苦味は決して焦げ臭くなく奥行のある柔らかな苦味だ。

ブレンド7はフレンチローストで酸味が弱く、苦味が強いタイプである。

「全然苦くないです。香りがすごく立っておいしいです。モンブランとの相性もバッチリです。すごく幸せです」と町田さん、そして「コーヒーを飲むのは朝がいいんですか」と堀口さんに質問を投げかける。
「朝はいいですよ、目が覚めるし。ストレスがあるときも、コーヒーの香りだけで気分が落ち着き、癒されますよ」との返事に、「コーヒーの探求者の言葉には説得力がありますね」と返すと、「それにしても、いい男だね」と応える堀口さん。互いにはにかんだ笑顔が印象的だ。

森繁久彌さんも通っていたという堀口珈琲。ブレンド、シングルオリジンから好きなコーヒーを選べるペーパードリップコーヒーはM540円、L648 円。アイスコーヒーは急冷による清涼感あふれる味わいでそのまま飲むのがおすすめの〈かろやか〉(ブレンド7)と、じっくり抽出し、急冷せずに熱をとる濃縮タイプでシロップやミルクを入れるのがおすすめの〈のうこう〉(ブレンド8)がある。ケーキは月変わりで、ブルーベリータルトはブレンド6と、ニューヨークチーズケーキはブレンド7という具合に、相性のいいコーヒーとの組み合わせで楽しむことができる。サンドイッチとトーストの注文は15 時までで、モッツァレラチーズと生ハムのアメリカンサンド、たまごとハムのホットサンド、ツナとケイパーのホットサンド、はちみつトースト、バタートーストなどが、やはり相性のいいコーヒーとともに味わうことができる。

HORIGUCHI COFFEE 堀口珈琲 世田谷店

〔住〕世田谷区船橋1-12-15
〔問〕03-5477-4142
〔営〕11:00~19:00〔 休〕第3水曜


新着記事

おすすめ記事

児玉清さんが遺したことば

what a beautiful time

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club