大津屋

店先には試食用の佃煮が用意されている。一つを試食して「美味しい、これいけますね」 と、次々と試食タイムが始まった。創業明治5年の〈大津屋〉である。〝大津屋きゃらぶき本舗〞を掲げるだけあってきゃらぶきで有名な店だ。そこへ社長で5代目の相原伸雄さんと息子で6代目の大祐さんが顔を見せた。眞島さんの顔を見て「あれっ、そうですよね」と眞島秀和さん、その人だと気づいたようだ。

「ゆっくり試食してください。息子と2人で今でも竃で炊いているんですよ」と伸雄さん。昔から参拝客の定番の土産品として人気が高くきゃらぶき(甘口もある)、ふきのとう、葉とうがらし、野しいたけ、山うど、味しめじなど10種類くらいの佃煮を昔ながらの製法で作っている。眞島さんは山形の実家に送るために早速お買い上げ。山形あたりは山菜なども豊富に採れるのではと思ったが、「こちらの佃煮が本当に美味しいので、実家のみんなにも食べさせたいなと思って」と親孝行ぶりを披露。

きゃらぶきで有名な140 年続く佃煮の老舗。きゃらぶき、きゃらぶき甘口、ふきのとう、山うど、葉とうがらし、味しめじ、しいたけを甘く煮た野しいたけなど1 袋525 円から。1,050円の徳用もある。
〔住〕伊勢原市大山618 
〔問〕0463-95-2704
〔営〕9:00 ~ 17:00ころまで(ケーブルカーの運行時間に準じる) 
〔休〕不定休


新着記事

おすすめ記事

成城学園前~住人御用達の看板店

いい街には、いい本屋がある

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club