カブトス カフェ

改札を出てすぐ正面ビルの2階にあるカブトス カフェ。店名のカブトスとは、オーナーである画家の神谷節さんが、美術大学在学中に制作した作品に由来するが、そのほかにもカブト虫のように前進するのみ、日本古来のカブトの美しさなど複数の意味でのカブトの意味が込められている。

鵠沼マダムとおぼしき女性グループ、シニア世代の老年グループ、カップルに家族連れ、いずれも陣との人たちだ。店内に神谷さんが描いた天井画や壁画を見ることができる。

早速、鵠沼バーガー。一つのバンズには肉のパティが、もう一つにはレタス、トマト、アーリーレッド、アボガドがのっている。プレートにはフレンチフライにオリジナルチリソースとタルタルソースの2種類のソースがついている。ソースを好みで合わせて食べるのだ。かなりボリームがある。押尾さんはガブリと一口食べるなり「上手い、肉の味とオニオン、アボガドの愛称がバツグンにいいですね、バンズも美味い」とたいらげた。

鵠沼バーガー(フレンチフライ付)950円、鵠沼チーズバーガー(フレンチフライ付)1,050円、バンズ、パティ、レタス、トマト、オニオン、タルタルソースのカブトスチ-ズバーガー(フレンチフライ付)950円、東京ロールキャベツ(十五穀米orバケット付)は990円(単品は950円)。日替わりランチ(五穀米ライスバケット、スープ&サラダ付)は900円からで、ドライカレー、ロコモコ、メンチカツ、チキンジンジャーなどが人気だ。値段は取材時店内料金。テイクアウトもできる。

[住] 藤沢市鵠沼海岸2-4-10 シーサイドタウン鵠沼館202
[問] 0466-37-3303
[営] 11:00~20:30L.O.(ランチタイムは11:00~15:00)
[休] 無休


新着記事

おすすめ記事

児玉清さんが遺したことば

what a beautiful time

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club