映画『人魚の眠る家』の俳優たち

映画、テレビドラマで主役を務める現代を代表する俳優である篠原涼子と西島秀俊の映画初共演が、このたび実現した。

〝東野圭吾作家デビュー30周年〟を記念して執筆されたベストセラー小説『人魚の眠る家』の映画化である。

メガホンを取るのは日本映画界の鬼才とも言われる堤幸彦で、 登場人物たちを真正面からとらえたヒューマンミステリーに作り上げた。

篠原、西島共に堤監督とは初めての手合わせであったがいままで体験したことのない映画作りの現場を楽しむことができたと言う。

時を重ねてそれぞれ親となり、今の年齢だからこそ向き合えた作品だったと述懐する二人。

二人の言葉からは、映画に向き合う熱い思いが伝わってきた。

 

文=二見屋良樹 撮影=言美 歩


「役を生きているという時間が得られた作品です」

「出演者全員が演技を超えたところで存在していました」

 執筆する小説が数多く映像化されている原作者である東野圭吾が「この重たいテーマだけは敬遠されるだろう」と、映画化に驚いたという『人魚の眠る家』。悲劇的な事故に遭い、意識不 明のまま回復の見込みはないと宣告された愛娘。ただ眠り続ける愛するわが 子をいかに守るか。残酷な状況下で究 極の選択を迫られ、ある決断をする夫婦。そのことが次第に運命の歯車を狂わせ、夫婦間にも家族の間にも、それぞれの愛の強さのずれが生じてる。 それは誰にも着地点が見えないミステリーである。〝生〟か〝死〟か。〝善〟か 〝悪〟か、〝愛〟か〝狂気〟か、とさまざまな問いかけを観客にも投げかける。

  夫婦を演じるのは篠原涼子と西島秀俊。テレビドラマでは「アンフェア」、やはり夫婦を演じた「溺れる人」があるが、それから十数年の時を経て、映画初共演が実現した。

「最初に台本を読ませていただいたときは、私自身が母という立場でもあるので、役と自身がリンクして自分の息子がこうなったらということをイメー ジして、そこに囚われてしまいすごく抵抗感がありました。でも、なぜだかもう一度読んでみようという気持が自然と降りてきて。読み進めるうちに、 作品の深さという部分が見えはじめ、抵抗感がどんどん薄れ、愛が強い作品、愛に包まれた物語だと感じられる 作品世界に引き込まれました。母としも女優としても、何かを学べる作品だと感じたとき、今やりたい、やるべき作品だという思いが募り心を決めました」と、作品に〝愛〟を見つけた篠原。

「撮影現場で、とにかく篠原さんが、 最初の段取りから号泣していて、演技というよりは完全に役に入りこんでいらしたので、そこにみんな引っ張られ て、出演者全員が演技というものを超えたところで、そこに存在していましたね」と西島は作品に対する篠原の熱い思いを証言する。

……続きはVol.37をご覧ください。

©2018「人魚の眠る家」製作委員

『人魚の眠る家』

11月16日(金)全国公開
監督:堤 幸彦   脚本:篠﨑絵里子 原作:東野圭吾『人魚の眠る家』(幻冬舎文庫)
出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中哲司、田中 泯、松坂慶子
配給:松竹 


新着記事

おすすめ記事

成城学園前~住人御用達の看板店

いい街には、いい本屋がある

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club