箱根寄木細工、千年のロマン

文=露木清勝

小田原の柏木美術鋳物研究所とのコラボで制作した呼び鈴。 澄んだ美しい音色が響く

平安時代、木地挽(きじひき)の京都職人が定住した地

 

箱根寄木細工が箱根の畑宿に誕生して、二百年余りの時が刻まれています。今では、名実ともに箱根の統工芸品として内外に広く知られるようになりました。しかし、「ローマは一日にして成らず」箱根寄木細工もその誕生には、長い歴史の道のりがありました。

現在、私の工房は小田原に在ります。その目の前に酒匂川が悠然と相模湾に注いでいます。この土手沿いを毎朝ウォーキングしながら、自然からの大いなる刺激を受けるのが、私の一日の始まりです。晴天の日には正面に富士山がその雄姿を現し、左手に箱根の明神ヶ岳や外輪山から二子山まで一望のもとに望む事が出来ます。これらは四季折々に、いや日々毎日その表情を変え、私の前に迫ってくるようです。

この雄大な自然の呼吸を、平安時代この地に遠く京都よりたどり着いた職人たちも、同じように感じたのか、この小田原をものづくりの地として定住し「木地挽」(木工轆 轤(ろくろ)で 椀や盆を作り出す技法)の仕事を始めました。木地挽の祖惟高親王(これたかしんのう)をお祀りした、同市早川の紀伊神社 は、遠く平安からの「惟高親王伝説」 が今も伝えられています。この当時の職人たちは、材料の木材を求め、 当然のことながら箱根山の各地にも入っていきました。ここに箱根寄木細工誕生に通じる歴史の第一歩がしるされました。

(‥‥‥続きはVol.33をご覧ください)

つゆき きよかつ

1954年小田原市生まれ。77年㈱露木木工所入社、97年同代表取締役。創業以来代々、伝統の技術・技法を守りながらも、その時代の感性を大切にしてものづくりを続ける。特に意匠面においては、一般的な箱根寄木細工とは一線を画す新しい寄木細工、その次の新しい木工細工を目指している。


新着記事

おすすめ記事

児玉清さんが遺したことば

浜美枝さんの箱根

good fellows

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club