文化庁主催海外展「江戸絵画名品展」(ロシア・モスクワ)の開催

文化庁は、平成30年9月4日から10月28日にかけてロシア連邦・モスクワ市のプーシキン美術館において「江戸絵画名品展」を開催します。文化庁主催海外展をロシアで開催するのは今回が初めてです。

本展覧会は、日露間における人的交流の拡大に向けた方策の一つとして安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領が合意した「ロシアにおける日本年」の主要イベントの一つです。

この展覧会では、武家好みの瀟洒な作風により幕府御用絵師として江戸絵画の基調を確立した狩野探幽をはじめとした狩野派諸家の作品はもとより、江戸時代中期の文化の多様化を反映した円山応挙、与謝蕪村、伊藤若冲、曽我蕭白など京都諸派による個性豊かな作品、日本美術が海外で注目される嚆矢となり、ジャポニスムの大きな影響を世界に生み出した浮世絵や琳派の作品、特に昨今世界的ブームとなっている葛飾 北斎や尾形光琳などの作品を含んだ名品135件により、江戸時代絵画の魅力を紹介するものです。 なお、日本から出品される国宝、重要文化財を含む116件は、いずれもがロシア初公開になります。

.主な作品(日本側出品)
・国宝 鷹見泉石像 渡辺崋山筆(東京国立博物館)
・国宝 納涼図屏風 久隅守景筆(東京国立博物館)
・重要文化財 風神雷神図屏風 尾形光琳筆(東京国立博物館)
・重要文化財 夏秋草図屏風 酒井抱一筆(東京国立博物館)
・重要文化財 群仙図屏風 曽我蕭白筆(文化庁)
・重要文化財 万歳図 与謝蕪村筆(文化庁)
・冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏 葛飾北斎筆(千葉市美術館)
・富士山図屏風 狩野探幽筆(板橋区立美術館)


新着記事

おすすめ記事

児玉清さんが遺したことば

what a beautiful time

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club