中川晃教

昨年公演の『ジャージー・ボーイズ』で、このたび読売演劇大賞の最優秀男優賞をいただきました。僕が初めてミュージカルの舞台に立っ たのは2002年の『モーツァルト!』でした。その最初のミュージカ ルでいきなり読売演劇大賞の優秀男優賞と杉村春子賞をいただきましたが、そのときは、まだ、賞の重みというものを理解していませんでした。

その後は、作品といかに真剣に向き合うかということを考えさせられ、芸を極めるという努力を積み重ねる日々でした。それから 15年、30代の代表作になる作品に出合えればと思っていたタイミングに、『ジャージー・ボーイズ』のフランキー・ヴァリの役を僕に、と いう熱烈なオファーをいただけたことは、僕に俳優としての自信みた いなものを感じさせてくれる出来事でした。

〝天使の歌声〟と称され るフランキーの、ファルセット(裏声)とも違う〝トワング〟と呼ばれ る難易度の高い発声法を会得し、さらには、本国の音楽担当者に認めてもらえなければ出演することができないという、乗り越えなければ ならない試練の先に大きな賞が待っていたなんて、この作品を経験して、音楽を通じてお客様に感動を提供することができる、すばらしい 仕事に従事できていることの幸せを強く感じました。

僕は常日頃から 〝誰も歩いていない道を歩く〟を心に抱いていて、自分がやってきたこ とを土台にしながらも、自分にないものを求められたら、それは自分 に必要なことなのだ、大切なことなのだと思い続けて15年間歩んで きました。だから、自分の知らない自分の声に出合ったときの感動は 大きかったです。そして今また、新たな出合いがあります。ミュージカル『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』(4/9~4/25 シアターク[問]03-3203-7777東宝テレザーブ)です。(続きはVol.31をご覧ください)

「物語の役としての歌になり踊りになっているか 、そこを考え、演じるのが
ミュージカルでの 俳優の 仕事だと思います」
撮影: 2017年2月15日 東宝にて 撮影:言美歩


新着記事

おすすめ記事

児玉清さんが遺したことば

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club