岩谷時子の作法

岩谷時子には大きく3つの顔がある。
まずは、宝塚時代に出会い、生涯を通して越路吹雪のマネージャーを務め、「愛の讃歌」をはじめ越路が歌ったシャンソンの訳詞を手がけたこと。
次に、「恋のバカンス」「君といつまでも」「夜明けのうた」「恋の季節」「男の子女の子」など流行歌の作詞家としての顔。
人気テレビドラマ「サインはV」や「アテンションプリーズ」の主題歌の作詞も岩谷時子である。
そして、あまり語られてはいないかもしれないが、劇団四季の『ジーザス・クライスト=スーパースター』『ウェストサイド物語』、東宝の『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』などの上演訳詞を手がけ日本でのミュージカルの発展に貢献した功労者としての顔がある。
そのすべての仕事からは、岩谷時子の人間性が香り立つ作法のようなものがうかがえる。
出会ったすべての人々に「品性の人」と称えられる岩谷時子の大いなる遺産を紹介しよう。

文=田家秀樹
企画協力・写真提供=公益財団法人 岩谷時子音楽文化振興財団、 草野浩二氏
参考図書=田家秀樹著『歌に恋して ─ 評伝・岩谷時子物語』

作詞家、詩人、翻訳家。1916 年3月28日、京城(現在のソウル)で生まれる。5 歳の頃に兵庫県西宮市に移住。神戸女学院英文科在学時代から「宝塚グラフ」や「歌劇」に投稿、卒業後、39 年に宝塚歌劇団出版部に入社。そこで15 歳のタカラジェンヌ越路吹雪と出会い、越路の上京にあたりマネージャー代わりに一緒に上京、51 年から63 年までは東宝文芸部に所属した。越路の生涯にわたりサポートを続け、越路が歌うシャンソンの日本語訳詞を手がけた。

また、ザ・ピーナッツ「恋のバカンス」「ウナ・セラ・ディ東京」、岸洋子「夜明けのうた」、加山雄三「君といつまでも」「旅人よ」、ピンキーとキラーズ「恋の季節」など作詞家として数多くのヒット曲を生み出した。さらには劇団四季の『ジーザス・クライスト=スーパースター』『ウエストサイド物語』『コーラスライン』『エビータ』『李香蘭』、宝塚『ガイズ&ドールズ』『ME AND MY GIRL』『グランドホテル』、東宝『王様と私』『南太平洋』『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』などミュージカルの訳詞も手がける。64 年「ウナ・セラ・ディ東京」「夜明けのうた」で、66 年「君といつまでも」「逢いたくて逢いたくて」(園まり)で日本レコード大賞作詞賞、69 年「いいじゃないの幸せならば」(佐良直美)で日本レコード大賞を受賞。79 年にミュージカルに於ける訳詞の成果に対して菊田一夫演劇賞特別賞受賞。93 年、勲四等瑞宝章受章。2013 年10月25日死去、享年97。

「品性」という穏やかなオーラ
  

こんなに素敵な老婦人がいるんだ―。

岩谷時子さんに初めてお会いした時の印象はそれだった。2006年の冬だ。
彼女が90歳になる直前である。

年齢的に言えば、間違いなく〝老〟という言葉をつけざるを得ない。でも、こうやって書きながらでも〝老婦人〟という呼び方にどこかためらいを感じてしまう。
 
しなやかで柔らかな物腰、包み混むようであどけない笑顔、つつましく控えめな口調、楚々として、それでいて匂い立つようなたたずまい。その場にいるだけで癒されれてしまうような穏やかなオーラは、僕等が思い浮かべる〝老人〟とは相当に違うばかりか、経験したことのないものだった。
 
雑誌や新聞などで写真は拝見していたし、そういう人だろうと想像はしていた。でも、作家と呼ばれる人で、文体や作品と実際の人物が一致しないという例は少なくない。

彼女は、そうではなかった。

目的は「毎日新聞」のための取材だった。それから一年以上続いた連載を書くために定期的に帝国ホテルに向かった。 

それは夢のような時間だった。

筆者は1946年生まれであり、音楽について書いたり喋ったりすることを生業としている。当然のことながら、彼女が作詞家として活動していた時代の姿は知らない。

でも、そうやって会っていた時の彼女は、僕等が日常的に会うアーティストとも明らかに違っていた。

何が違っていたのか。

一言で言ってしまえば〝品〟だった。

業界の匂いがしない。
 
俗世間の灰汁や汚れを感じさせない。地位や名誉をひけらかす偉ぶったところがない。成功した人間特有の自己顕示がない。時にユーモアを交えた口調には関西の庶民的な親しみもあった。

それはまさしく岩谷時子だった。

楽屋での加山雄三と岩谷時子。岩谷の著書 『愛と哀しみのルフラン』によると、加山との 出会いは岩谷がまだ東宝の文芸部に勤めて いた昭和38 年頃で、岩谷は加山を「日本男 子の古風な厳しさと、おおらかで明るい西洋 の男の良さとを併せ持った男性」と評してい る。加山と歌を作るときは、曲が先で、ギター でメロディを入れたテープを聞きながら、詞 をつけていくというやり方だった。岩谷作詞、 弾厚作(加山の作曲家としてのペンネーム) 作曲の作品は149 作にのぼるという。

越路が歌うシャンソンの訳詞はすべて岩谷が手がけ「愛の讃 歌」「ラスト・ダンスは私に」「サン・トワ・マミー」のほか「ろく でなし」「雪は降る」「夢の中に君がいる」「人生は過ぎゆく」 などの名曲が越路&岩谷のコンビで紹介された。

麻布山善福寺には「愛の讃歌」の歌詞 が刻まれている歌碑「越路吹雪の碑」が ある。歌碑の前で内藤法美と岩谷。

越路吹雪のステージの制作会見の様子 で左から越路の夫で作曲家の内藤法 美、越路、演出家の浅利慶太、岩谷。

岩谷時子の名前が訳詞家としてクレジットされるのは1960 年代に入ってからで、60 年6月にリリースされた森山加代子のデビュー曲「月影のナポリ」(オリジナルはイタリアのカンツォーネ歌手ミーナ)には、訳詞として岩谷の名前が記されている。ザ・ピーナッツも同じ曲を出しているが、ピーナッツ版レコードジャケットには「訳詞千家春」とある。岩谷の別名である。複数の歌手に同じ名前で詞を提供することへの申しわけなさ、ためらいのようなものが感じられる、岩谷の人柄をあらわすエピソードではないだろうか。ダニー飯田とパラダイスキングでヒットした「ビキニスタイルのお嬢さん」、フランス・ギャルが日本語で歌った「夢見るシャンソン人形」の訳詞も岩谷である。

ザ・ピーナッツと加山雄三との出会い

 〈今ネ、靴下なおしてるのよあなたの 好きな 黒い靴下〉
  
僕が最初に彼女を意識した曲が、1962年3月に出たザ・ピーナッツの「ふりむかないで」だった。

清潔なエロチシズムは歌ったのがザ・ピーナッツだったからだ。もし、豊満な肉体の大人の歌手だったら中学生だった僕らには到底手の届かない歌だったはずだ。 

1960年代は、敗戦の復興から高度成長の入り口に立った日本が最も希望に満ちていた時代。〝戦後強くなったのは女性と靴下だけだ〟という二つの要素が織り込まれた時事的な歌でもある。青春が青春として輝いていた60年代の幕開けを飾った曲だった。

岩谷時子には切っても切れない歌い手と作曲者がいた。歌い手の一組がピーナッツで、作曲家の一人が宮川泰である。彼が曲を書いた「恋のバカンス」こそ、当時、作詞・岩谷時子というクレジットが与えたみずみずしい衝撃の最たるものだった。

何しろ始まりが〈ためいきの出るようなあなたのくちずけ〉だった。
 
そして、こう続いたのだ。
〈裸で恋をしよう 人魚のように〉

こんな直接的な歌詞に出会ったことはなかった。女性歌手が〈裸〉という言葉を歌う。恋と裸。その二つの言葉が全てを想像させて、それでいてセックスを感じさせない。彼女は自分でも「もっと肉体的な歌い手さんだったら、さすがの私も照れてしまって書けなかったかもしれないですね」と話していた。自ら「大胆不敵な歌ですね」と述懐した歌の決め手は、それが〝乙女ごころ〟の夢だったことだ。敢えてタブーに踏み込みつつ、下品にならない。それこそ、岩谷時子だった。
 

この歌の前に、〈バカンス〉という言葉を知っていた日本人がどのくらいいただろう。

男性の歌い手と言えば、加山雄三をおいていない。
 

加山雄三は、ことある毎に「彼女と出会わなかったら今の僕はない」と公言している。エルビス・プレスリーでロックに目覚め、「日本語で歌うなんて芋だ」と、英語で歌うことにしか興味がなかった彼に「日本語で歌ってみたら」と勧めたのが彼女である。彼は「鼻歌のようなテープを渡すと、次の日に譜面にきちっと言葉が載ってくる。天才だと思いました」と話していた。
 

いくつもの曲が浮かんでくる。「君といつまでも」「旅人よ」「海 その愛」。どれも従来の歌謡曲とは違う洗練されたメロディに情景やストーリーを浮かべさせる言葉。作詞・岩谷時子、作曲・弾厚作というコンビは、作詞・永六輔、作曲・中村八大と並ぶ、僕等の青春のシンボルだった。

カバー曲ばかり歌っていた ザ・ピーナッツにとって初のオ リジナル曲のヒットが「ふりむ かないで」で、作曲家・宮川 泰と岩谷コンビによる記念す べき第一作。ピーナッツが歌 う同コンビの作品は、1963 年 4月「恋のバカンス」、64 年9 月「ウナ・セラ・ディ東京」へ とつながっていく。

加山雄三と岩谷の出会いの曲「恋は紅いバラ」のレコーディングは映画の撮 影の合い間をぬって深夜に行なわれた。左は編曲家の森岡賢一郎。原曲 は加山自身が英語で作詞をしたもので、1963 年公開の映画『ハワイの若大 将』でも英語で歌われていた。加山と岩谷コンビの最大のヒット曲「君といつ までも」が発売されたのは65 年。この曲で岩谷は66 年日本レコード大賞の 作詞賞を、加山は特別賞を受賞した。二人は「夜空の星」「お嫁においで」 「旅人よ」「ぼくの妹に」「海 その愛」など数々の名曲を誕生させた。

郷ひろみを一躍トップアイドルの座におしあげた1972 年のデビュー曲「男の子女の子」。作曲は筒美京平で、「小さな体験」「裸のビーナス」「花とみつばち」など岩谷・筒美コンビによる郷のシングルは2 年間で8 枚リリースされた。郷と初めて出会ったときの印象を「余りにも純真な感じで、私はこれから彼にどんな詞を書けば良いのだろうかと少し戸惑ったほどです」と岩谷は語っている。

1966 年の日本レコード大賞で、「君 といつまでも」と同時に岩谷の作詞賞 の受賞曲となった園まりが歌った「逢 いたくて逢いたくて」。作曲は宮川泰 で、園まりが大人の歌手として脱皮す る決定打となった曲だった。

ザ・タイガース、PYG時代を経て、沢 田研二の記念すべきソロ活動のス タートとなった「君をのせて」の発売 は1971 年のこと。沢田のシングル曲 で岩谷が作詞を手がけた唯一の曲で ある。

1966 年にリリースされた島倉千代子 のヒット曲「ほんきかしら」。作曲は「愛 と死をみつめて」の土田啓四郎。同 年のNHK紅白歌合戦でも披露され た。歌謡曲というよりポップスの色合 いが濃く、それまでの島倉のイメージ を一新する曲となった。

1966 年に「大阪ろまん」のB面として 発売され、72 年にA面曲として再発 売、77 年にもシングルヒットしたロン グセラー曲、フランク永井の「おまえ に」。作曲は戦後歌謡史に〝都会派 歌謡曲〟というジャンルを確立させた 吉田正。48 年から95 年の氏の代表 作として記録される曲のなかで、岩谷 は唯一の女性作詞家である。

岩谷時子のなかのヨーロッパの香り

若い頃の彼女はどうだったのだろう。

当時の彼女を知っている唯一の現役ジャーナリストになる1933年生まれの音楽評論家の安倍寧さんに話を聞いたことがある。

彼は笑いながらこんな話をした。 「ドロドロした芸能界の中の、泥池に咲いた一輪の蓮の花みたいなところがあって。「聖女、岩谷時子」ってみんな呼んでいたよ。大人だったんだろうね。詞も新しい新鮮な日本語でつづられているんだけれど香りがある。詞を書く前から、彼女には人柄にそういう香りがあったんだろうな」

人柄に香りがある──。

それはどんな香りということなのだろう。

彼はしばらく考えてから「ヨーロッパの香りでしょうね」と言った。そして、「宝塚もありますよね」と付け加えた。
 

彼女のことを書くようになってから、戦前の日本のモダニズムの中での宝塚の影響の大きさを初めて知った。彼は、アメリカの影響は戦後ですよ、と言った。それまでの〝西洋の香り〟というのはヨーロッパだった。シャンソンである。そして、その窓口になったのが〈宝塚〉と〈東和商事〉、後の〈東宝東和〉だったと言うのである。
 

岩谷さんが、宝塚の出身であることは広く知られている。1939年に入団した彼女は、「歌劇」「宝塚グラフ」の編集をしていた。彼女の生まれは京城、今のソウルで、宝塚ファンの彼女の母親は京城の行政長官の娘だった。

──私が現在、生業としている作詞の仕事こそは、まぎれもなく宝塚という夢多い演劇と音楽の土壌から生まれたもので、また今もなお、華やかで虚しい芸能界から離れられずにいるのも、宝塚での甘美な思い出が忘れられないためである。

彼女は唯一のエッセイ集『愛と哀しみのルフラン』で、そう書いている。

越路吹雪のマネージャーとして上京してきた岩谷さんが、一時、東宝東和の映画のキャッチコピーを書いていたと安倍さんが教えてくれた。まさに〝ヨーロッパの香り〟の人だったことにならないだろうか。

彼女の詞と宝塚の関係について『越路吹雪物語』に主演したピーターはこう言った。
「どんなに情熱的な恋を歌っても性的な生々しさや嫌らしさがない。宝塚の人たちは、絶対に超えられない〝性の限界〟があることを知ってますからね。宝塚あっての詞なんだと思います」

坂東玉三郎と岩谷の初めての仕事は玉三 郎の朗読のレコードだった。玉三郎は岩谷 が書くことを条件にこの企画を受けたとい う。1984 年には玉三郎主演の舞台『夢二 慕情』の戯曲も手がけている。玉三郎は越 路吹雪の大ファンで、越路の舞台に何度 も足を運んでいた。また、宝塚歌劇団にい たことから、乙羽信子、淡島千景、八千草 薫ら元タカラジェンヌたちとは交遊があり、 宝塚のミュージカルの訳詞も数多く手がけ た。岩谷の叙勲を祝う会には、麻実れい、 安奈淳ら多くの宝塚出身のスターたちが かけつけた。鳳蘭(写真)は岩谷が訳詞を 手がけた東宝のミュージカル『レ・ミゼラブ ル』の初演でテナルディエ夫人を演じ

1960 年のミュージカル『泥の中のルビー』で出会い、作曲家でいちば ん長く一緒に仕事をしている、と岩谷が言う作曲家・いずみたく。同じ 頭文字ということで「T・Iコンビ」を自称する。69 年の日本レコード 大賞受賞曲である佐良直美「いいじゃないの幸せならば」、ピンキーと キラーズ「恋の季節」、沢たまき「ベッドで煙草を吸わないで」、竜雷太 が主演した青春ドラマ「これが青春だ」の同名主題歌(布施明)、ジャ ニーズ「太陽のあいつ」など多くのヒット曲を世に送り出した。

好きなことに命がけで生涯向き合うこと

岩谷時子の〝作法〟とは何だったのだろう。 

「書けなくて何日も寝られないというようなことはなかったんですか」という質問に彼女はこう答えてくれた。 

「かなりありました。ミュージカルは全部そうですね」

宝塚での越路吹雪上演作のシャンソンの訳詞をしていた岩谷時子が、日本のミュージカルの歴史を作った訳詞家であることはあまり語られていないかもしれない。

外国語の作品を日本語で歌う。その代表作が『レ・ミゼラブル』である。初演は1987年。ロンドンで初めて上演されてから二年後、すでに世界30カ国以上でヒットしてからの日本上陸だった。 

その答えは、こう続いていた。「作者が言おうとしていることと私が書いた言葉が違ってるんじゃないかとか。私が間違いを犯してるんじゃないかと思ったり。命がけでやってますし。簡単に言えば真面目なの」

最後の「真面目なの」は笑顔の冗談口調である。でも、さらりと口にした〝命がけ〟は、こちらの胸に刺さった。『レ・ミゼラブル』初演の際、途中から加わった彼女は三日三晩徹夜で詞を書き直していたという。それ以降、再演のたびに新たな手直しを加えていた。しかも稽古の現場に泊まり込んで作業をしていたというのである。

彼女は「嫌な思い出は全くないですけど、死にものぐるいだったことは憶えてます」と言った。

その時、彼女は70代にさしかかっていた。若い役者やスタッフの間に混じって辛いと思うことはなかったのだろうか、と思った。
 

「一行でも二行でも、もっと良い言葉はないか、と思って過ごしているわけですから、辛くても好きなことをしているわけで、やりたいことが出来る人間は幸せですよ。恋をして泣くより全然良いです」 それが彼女の〝作法〟だったのではないだろうか。越路吹雪のマネージャーをしながらも報酬のような金銭は受け取らなかったという話は有名だ。 

生涯、好きなことに没頭すること。もし、それが出来ているとしたら、そこに命がけになること。取り乱したり、愚痴や泣き言を言わないこと。現場に居続けること。そして、付け加えれば、笑顔を絶やさないこと──。

今年は彼女の生誕100年の年だ。

僕は、今年70歳になる。
 

彼女のそんな言葉が、今の指針である。

取材中に90歳の誕生日があった。
 

初めて、恋人でもない女性にバラの花束を持って帝国ホテルに向かった。

その時の彼女の笑顔は僕の一生の宝物だ。

ミュージカル『レ・ミゼラブル』の日本版初演は 1987 年6月11日、帝国劇場で幕を開けた。ロン ドン、ニューヨークに次いで世界で3 番目、同作 品初の非英語圏での上演だった。いきなり3ヶ月 のロングラン、東宝始まって以来の一大プロジェク トで、ジャン・バルジャンとジャベールを鹿賀丈史 と滝田栄(写真)が交互に演じたほか、斉藤由貴、 岩崎宏美、島田歌穂、野口五郎、鳳蘭、斉藤晴 彦らが初演メンバーに名を連ねた。写真は97 年 6月帝国劇場でのカーテンコール。和服姿の岩谷 のほか、鹿賀、岩崎、斉藤晴彦、村井國夫らの顔 も見える。岩谷は初演のみならず、その後も公演 のたびに歌詞に手直しを加えている。稽古場で演 出家の意向をくみ、その場で直していた。

1992 年4月帝国劇場で幕を開けたミュージカル 『ミス・サイゴン』の訳詞を手がけたのも岩谷時子 だった。『レ・ミゼラブル』同様、キャストはすべて オーディションにより、エンジニア役市村正親、クリ ス役に岸田智史、そしてヒロインのキム役には当 時アイドルの本田美奈子(写真)が抜擢された。 岩谷と本田の出会いで、生涯にわたるつきあいが 始まった。本田の生前最後のオリジナル曲「時~ Forever For Ever」は、本田から岩谷時子の名前 の「時」をテーマに書いて欲しいとの依頼により作 られた曲だった。写真は市村、井上芳雄、新妻聖 子ら出演者との一枚。

女優淡島千景の叙勲のパーティで祝辞を述べる岩谷 時子。淡島と岩谷は、同じ宝塚出身ということで、プラ イベートでも食事を共にしたり、自宅を訪問しあうなど、 生涯を通じて親しくつきあう仲だった。

俳優の宇野重吉と。宇野は越路吹雪の遺作となった 舞台『古風なコメディ』の演出家でもあった。岩谷は 演劇人との親交も深く、なかでも杉村春子とは手紙の やりとりをするほど通じ合ったなかで、多くの書簡が遺 されている。

「有楽町で逢いましょう」「いつでも夢を」「傷だらけの人 生」などで知られるビクター専属の作曲家吉田正(右)と 「宇宙戦艦ヤマト」でおなじみの佐々木功(左)と。

たけ ひでき

1946 年、千葉県船橋市生まれ。69 年、タウン誌のはしりだった「新宿プレイマップ」創刊編集者を皮切りに「セイ!ヤング」などの放送作家、若者雑誌編集長を経て音楽評論家、ノンフィクション作家、音楽番組パーソナリティとして活動中。『読むJ‐POP・1945 ~2004』『70 年代ノート』『陽の当たる場所~浜田省吾ストーリー』『ラブソングス ユーミンとみゆきの愛のかたち』『いつも見ていた広島 小説吉田拓郎 ダウンタウンズ物語』『みんなCM音楽を歌っていた 大森昭男ともう一つのJ‐POP』『歌に恋して―評伝・岩谷時子物語』など多数の著書がある。日本のロックポップスを創成期から見続けている一人。


新着記事

おすすめ記事

児玉清さんが遺したことば

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club