大谷亮平の下北沢~第二景〝シモキタ生活〟の日常を訪ねて~

下北沢の町歩き二回目の散歩人は、俳優の大谷亮平さん。
2004年から 10 年以上、韓国に拠点を置き、数々の韓国ドラマや映画で活躍してきた。
2016年に、日本での活動をスタートさせ、現在、テレビドラマを中心に活躍中である。
下北沢を訪れるのは学生時代以来十数年ぶりだという大谷さんとは、〝シモキタ生活〟のライフ・パートナーともなりうる 地元住人の生活に寄り添うような店を訪ねることになった。

photograph by Ayumu Gombi

11月に東京では珍しい初雪を観測した翌週の冬晴れの朝、小田急小田 原線の下北沢駅南口改札で、俳優・ 大谷亮平さんと待ち合わせをした。
テレビドラマ「逃げるは恥だが役に 立つ」の収録の合い間をぬって、散歩につきあっていただくことになった。ドラマの役柄そのもの、誰が見ても〝いい男〟である。

「長いこと、韓国を拠点に俳優活動していて、下北沢に来るのも学生時 代以来十数年ぶりなので、町の様子もさっぱりわからないです」という 大谷さんとの〝シモキタ〟歩きの テーマは、住人の暮しに寄り添うような店を訪ねる〝シモキタ日常のスケッチ〟といった趣。

まずは、賑や かな商店街を抜け、代沢方面へと向かいながら、おいしいコーヒーが味 わえる店を見つけることにした。大 のコーヒー好きだという大谷さんの 朝は、自分で淹れる一杯のコーヒー から始まる。

おおたに りょうへい

俳優。1980年大阪府生まれ。日本でモデ ルとして活動を始めたが、03年に出演し、 韓国で放送されたコマーシャルが高い評価 を受け、韓国の芸能事務所から誘いを受け、 04年から10年以上にわたり韓国で俳優とし て多くの韓国ドラマに出演する。大ヒット作と なった映画『神弓―KAMIYUMI―』や『バ トル・オーシャン 海上決戦』などでも活躍。ドラマ「朝鮮ガンマン」では 韓国ドラマアワード2014グローバル俳優賞を受賞。16年より日本での 活動を開始し、福山雅治主演のドラマ「ラヴソング」で日本のテレビドラ マに初出演。16年12月まで放送されたドラマ「逃げるは恥だが役に立 つ」では、〝いい男〟ぶりが注目され、番組のヒットに貢献した。17年1 月からはテレビ朝日系連続ドラマ「奪い愛、冬」(毎週金曜23:15)にレ ギュラー出演する。


新着記事

おすすめ記事

児玉清さんが遺したことば

浜美枝さんの箱根

good fellows

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club