猪熊弦一郎展 猫たち

猪熊弦一郎(1902~1993)は、「いちどに1ダースの猫を飼っていた」ほどの無類の猫好きとして知られ、私生活でも作品のモチーフとしても猫は重要な存在でした。もちろん、氏の芸術は猫だけにとどまるものではありません。香川県の丸亀市猪熊弦一郎現代美術館所蔵の猫を描いた油彩、水彩、素描を中心に、猫以外の主題の作品も加えた百数十点によって構成されます。

猪熊弦一郎 題名不明 1986年 インク・紙 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館蔵 ©The MIMOCA Foundation 無断転載禁止

猪熊弦一郎 《青い服》 1949年 油彩・カンヴァス 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館蔵 ©The MIMOCA Foundation 無断転載禁止

猪熊弦一郎(1902-1993) 撮影:高橋章 無断転載禁止

「猪熊弦一郎展 猫たち」 5組10名様

会期平成30年3月20日(火)~4月18日(水)
会場Bunkamura ザ・ミュージアム
開館時間10:00~18:00(毎週金・土曜日は21:00まで 入館は各閉館の30分前まで)
休館日会期中無休
入館料一般1,300円 大学・高校生900円 中学・小学生600円
お問い合わせ03-5777-8600(ハローダイヤル)
ホームページhttp://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/18_inokuma/
応募〆切3月15日[木]

新着記事

おすすめ記事

児玉清さんが遺したことば

what a beautiful time

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club