ルーヴル美術館展 肖像芸術 ─ 人は人をどう表現してきたか

ルーヴル美術館が誇る肖像画の傑作、ヴェロネーゼの《美しきナーニ》をはじめ、古代ローマ皇帝やルイ14世、ナポレオンなどの君主像、華麗な女性や愛らしい子供まで、数々の肖像画の名品およそ110点が一堂に会します。

ヴェロネーゼ(本名パオロ・カリアーリ)《女性の肖像》、通称《美しき ナーニ》1560年頃 Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Michel Urtado /distributed by AMF-DNPartcom

 「ルーヴル美術館展 肖像芸術─人は人をどう表現してきたか」  5組10名様

会期平成30年5月30日(水)~9月3日(火)
会場国立新美術館
ホームページhttp://www.ntv.co.jp/louvre2018
応募〆切6月22日[金]

応募する

新着記事

おすすめ記事

児玉清さんが遺したことば

what a beautiful time

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club