山種美術館[企画展]日本美術院創立120年記念 日本画の挑戦者たち ─大観・春草・古径・御舟─

近代以降の日本画壇において、常に先導的な役割を担ってきた日本美術院が、創立120年を迎えます。日本美術院は、東京美術学校(現在の東京藝術大学)を辞職した岡倉天心に従い、横山大観ら若手画家により、1898年(明治31)に創立され、一時の低迷期を経て、1914年(大正3)に再興されました。なかでも、横山大観、菱田春草、小林古径、速水御舟らは、数々の秀作を生み出しました。本展では、これら4名の画家を中心に、同院の歴史を飾る画家たちの優品が一堂に会します。

横山大観 《蓬莱山》 1939(昭和14)年頃 絹本・彩色 山種美術館

速水御舟 《昆虫二題 葉蔭魔手・粧蛾舞戯》1926(大正15)年 絹本・彩色 山種美術館

小山硬 《天草(洗礼)》1972(昭和47)年 紙本・彩色 山種美術館

[企画展]日本美術院創立120年記念 日本画の挑戦者たち ─大観・春草・古径・御舟─ 5組10名様

会期2018年9月15日(土)~11月11日(日)
会場山種美術館
開館時間10:00~17:00(入館は16:30迄)
休館日月曜日(9/17(月)、24(月)、10/8(月)は開館、9/18(火)、25(火)、10/9(火)は休館)
入館料一般1,000円 大高生800円 中学生以下無料
お問い合わせ03-5777-8600(ハローダイヤル)
ホームページhttp://www.yamatane-museum.jp/
応募〆切9月10日[月]

新着記事

おすすめ記事

成城学園前~住人御用達の看板店

いい街には、いい本屋がある

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club