パナソニック 汐留ミュージアム 「開館15周年特別展」ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデルニテ

パナソニック 汐留ミュージアムの15周年を記念して、パリ、ヴァチカンからルオーの傑作が集結します。20世紀フランスを代表する画家ジョルジュ・ルオーは、敬虔なキリスト教徒であり、生涯にわたって「受難」や「キリスト像」などの宗教主題を多く描きました。本展では、ヴァチカン美術館から《秋 または ナザレット》《聖顔》《バックス(平和)》と七宝作品の《聖心》が初めて出品されます。また、パリからもルオーの晩年の傑作が多数来日します。
ルオー芸術の真髄でもある聖なる芸術をテーマとして、ルオーが目指した最も美しい愛のかたちを存分に紹介する展覧会です。

《サラ》1956年油彩ジョルジュ・ルオー財団蔵

《キリストとの親しき集い》1952年油彩個人蔵(ルオー財団協力)

「開館15周年特別展」ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデルニテ 5組10名様

会期2018年9月29日(土)~12月9日(日)
会場パナソニック 汐留ミュージアム
開館時間10:00~18:00(10月26日と11月16日は20:00まで。入館は閉館の30分前まで)
休館日水曜日(ただし11月21・28、12月5日は開館)
観覧料一般1,000円 65歳以上900円、大学生700円 中・高校生500円 小学生以下無料
お問い合わせ03-5777-8600(ハローダイヤル)
ホームページhttps://panasonic.jp/es/museum/
応募〆切9月25日[火]

新着記事

おすすめ記事

成城学園前~住人御用達の看板店

いい街には、いい本屋がある

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club