「追悼特別展 高倉健」

任俠映画で一時代を築き、数多くの名作や話題作に出演し、晩年は最も出演が待ち望まれる俳優として、生涯で205本の映画に出演した高倉健。多くのファン、スタッフや俳優仲間からも慕われたこの名優が世を去ったのは、2014年11月10日のことでした。

本展は、三回忌を迎えるのを期に、高倉健の映画俳優としての仕事を回顧し、あらためてその業績を顕彰しようとするものです。横尾忠則、森山大道による、高倉健をモチーフとした作品で幕を開ける本展の最大の見どころは、出演作205本すべてから抜粋した、高倉健出演場面の映像が紹介されます。

あわせて、高倉健が所蔵していた台本や小道具、スチール写真、ポスターやプレスシートといった宣伝物など、貴重な資料類を一堂に展示され、時代とともに歩んだ稀代の映画俳優の足跡をたどります。

「追悼特別展 高倉健」 5組10名様

日時指定の完全予約制

詳しくは、東京ステーションギャラリーのホームページをご覧いただくか、お電話でお問い合わせください。

会期平成28年11月19日(土)~平成29年1月15日(日)
会場東京ステーションギャラリー
開館時間10:00~18:00(金曜日は20時まで。入館は閉館の30分前まで)
休館日月曜日(1月2日、9日は開館)、年末年始(12月29日~1月1日)、1月10日
観覧料一般1,300円 大学・高校生1,100円 中学生以下無料
お問い合わせ03-5777-8600(ハローダイヤル 8:00~22:00)
応募〆切11月30日[水]

新着記事

おすすめ記事

児玉清さんが遺したことば

what a beautiful time

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club