3月1日(木)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他全国公開『15時17分、パリ行き』

Ⓒ2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT INC.

近年、『アメリカン・スナイバー』『ハドソン川の奇跡』と真のヒーローを描いてきた巨匠クリント・イーストウッド監督が初めて無差別殺傷テロを描いた。

2015 年 8 月 21 日、パリ行きの特急列車内で554 人の乗客全員をターゲットにした無差別テロ“タリス銃乱射事件”が起こった。 極限の恐怖と緊張感の中、武装した犯人に立ち向かったのは ヨーロッパを旅行中の心優しき3人のアメリカの若者たちだったー。なぜ名もなき男たちは死の恐怖に直面しながら、命を捨てる覚悟で立ち向かえたのか? 無差別テロに直面した、普通の若者たちの実話である。

 

配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト1517toparis.jp
キャスト:アンソニー・サドラー、アレク・スカラトス、スペンサー・ストーン
※ヒーローの3人、アンソニー・サドラー、オレゴン州の州兵アレク・スカラトス、アメリカ空軍下士官スペンサー・ストーンは、本作で自分自身を演じる。
監督:クリント・イーストウッド(『アメリカン・スナイパー』『硫黄島からの手紙』『ハドソン川の奇跡』)
脚本:ドロシー・ブリスカル


新着記事

おすすめ記事

児玉清さんが遺したことば

what a beautiful time

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club