企画展「生誕120年 宇野千代─華麗なる女の物語」

「色ざんげ」「おはん」「人形師天狗屋久吉」など、多くの名作を遺した宇野千代(1897~1996)。数々の恋愛や、芸術家たちとの交友に彩られたその人生は起伏の多いものでしたが、常に前向きに歩み、その自由闊達な姿勢が今を生きる人々を励まし続けています。宇野千代の生誕120年を機に、作品の原稿や挿絵の原画、また自らデザインした着物などを展示、その卓抜した才能を花開かせた98年の生涯を紹介します。また、宇野千代原作、監督:阿部豊 出演:森雅之 北原三枝の『色ざんげ』の上映もあります。

写真提供・藤江淳子

企画展「生誕120年 宇野千代展─華麗なる女の物語」 5組10名様

会期平成29年5月27日(土)~7月17日(月・祝)
会場県立神奈川近代文学館 横浜市中区山手町110  
東急東横線直通 みなとみらい線 元町・中華街駅6番出口 徒歩10分

開館時間9:30~17:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日月曜日(7/17は開館)
観覧料一般400円 65歳以上200円、20歳未満及び学生200円、高校生100円、中学生以下入場無料
お問い合わせ045-622-6666
ホームページhttp://www.kanabun.or.jp
応募〆切5月20日(土)

応募する

新着記事

おすすめ記事

児玉清さんが遺したことば

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club