没後40年 幻の画家 不染鉄展

不染鉄(ふせんてつ)(本名哲治、のち哲爾。鐡二とも号する)は、日本画を学んでいながら、写生旅行先の伊豆大島・式根島で漁師生活を始めたかと思うと、今度は京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)に入学。才能を評価されながらも戦後は画壇を離れ、晩年まで奈良で作画を続けたという稀有な経歴の日本画家です。
また、その作風も一風変わっています。東京初の回顧展となる本展では、代表作や新たに発見された作品を中心に、絵はがき、焼物など約120点が展示されます。謎の多い不染鉄の魅力に迫る展覧会です。

《山海図絵(伊豆の追憶)》大正14(1925)年 木下美術館蔵

《落葉浄土》昭和49(1974)年 頃 奈良県立美術館蔵

《古い自転車》昭和43(1968)年 個人蔵

「没後40年 幻の画家 不染鉄展」 5組10名様

会期平成29年7月1日(土)~8月27日(日)
会場東京ステーションギャラリー
開館時間10:00~18:00(毎週金曜日は20時まで。入館は閉館の30分前まで)
休館日月曜日(7/17は開館)、7/18
入館料一般900円 高校・大学生700円 中学生以下無料
お問い合わせ03-3212-2485
ホームページhttp://www.ejrcf.or.jp/gallery/
応募〆切6月30日[金]

応募する

新着記事

おすすめ記事

児玉清さんが遺したことば

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club