ポーラ美術館開館15周年記念展100点の名画でめぐる100年の旅

今年開館15周年のポーラ美術館では、特別なコレクション展が開催されます。モネ、ルノワール、セザンヌ、ピカソ、マティスなど日本最多の絵画コレクションを数える画家も多くあり、日本の洋画コレクションも大変充実しています。
本展では、1860年代から1970年代に制作された100点の西洋絵画、日本の洋画を、西洋と日本で分けることなく、各作品の制作年代に沿った20のテーマで展示されます。100点はどれもコレクションを代表する名作ばかり、15周年のポーラ美術館からの贈り物をお楽しみください。

アンリ・マティス《リュート》 1943年 油彩/カンヴァス ポーラ美術館

岡田三郎助 《あやめの衣》1927年(昭和2)油彩/厚紙(カンヴァスに貼付) ポーラ美術館

ポーラ美術館「100点の名画でめぐる100年の旅」展 5組10名様

会期平成29年10月1日(日)~平成30年3月11日(日)
会場ポーラ美術館
開館時間9:00~17:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日会期中無休
料金一般1,800円 大学・高校生1,300円 中・小学生700円(土・日無料)シニア65歳以上1,600円
お問い合わせ0460-84-2111
ホームページhttp://www.polamuseum.or.jp/
応募〆切10月31日[火]

応募する

新着記事

おすすめ記事

児玉清さんが遺したことば

浜美枝さんの箱根

good fellows

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club