東西美人画の名作 《序の舞》への系譜

昭和11年作の《序の舞》は、上村松園のもっとも充実した時期に制作された代表作のひとつです。近代美人画の最高傑作である《序の舞》の修理が完成し、本展にて初めて一般公開されます。本展では、江戸時代の風俗や浮世絵に近代美人画の源流を探りながら、《序の舞》に至る美人画の系譜をたどります。明治中期から昭和戦前期までの、菱田春草、鏑木清方、菊池契月、北野恒富など、東京と関西それぞれの名作をご堪能ください。

上村松園 《序の舞》重要文化財 昭和11年(1936) 231.3×140.4 東京藝術大学蔵

菊池契月 《散策》 昭和9年(1934) 173.0×173.5 京都市美術館蔵

上村松園 《母子》重要文化財 昭和9年(1934) 168.0×115.5 東京国立近代美術館蔵

「東西美人画の名作 《序の舞》への系譜」 5組10名様

会期平成30年3月31日(土)~5月6日(日) 会期中一部展示替えあり
会場東京藝術大学大学美術館
開館時間10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日月曜日(4月30日、5月1日は開館)
観覧料一般1,400円 大・高校生900円、
お問い合わせ03-5777-8600(ハローダイヤル)
ホームページhttp://bijinga.2018.jp/
応募〆切3月25日[日]

応募する

新着記事

おすすめ記事

児玉清さんが遺したことば

what a beautiful time

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club