東京ステーションギャラリー「横山華山」

江戸時代後期に京都で活躍した絵師の横山華山(1781/4~1837)は、諸画派に属さず、自由な画風と筆遣いで人気を博しました。日本のみならず、海外の研究者やコレクターからも評価され、欧米の美術館にも優品が所蔵されています。本展は、華山の多彩な画業を系統だてて紹介する初めての回顧展です。また、曾我蕭白や弟子たちの作品も含め、約100点の作品が展示されます。またボストン美術館や大英博物館など海外に渡った作品も里帰りします。お見逃しなく。

横山華山《寒山拾得図》ボストン美術館 William Sturgis Bigelow Collection  Photograph © Museum of Fine Arts, Boston

横山華山《唐子図屛風》左隻部分 文政9(1826)年 個人蔵

横山華山《祇園祭礼図巻》上巻部分 天保6-8(1835-37)年 個人蔵

「横山華山」 5組10名様

会期2018年9月22日(土)~11月11日(日)
会場東京ステーションギャラリー
開館時間10:00~18:00(毎週金曜日は20:00まで。入場は閉館の30分前まで)
休館日月曜日(9月24日、10月8日、11月5日は開館)、9月25日(火)、10月9日(火)
入館料一般1,100円 高校、大学生900円、中学生以下無料
お問い合わせ03-3212-2485
ホームページhttp://kazan.exhn.jp
応募〆切9月20日[木]

応募する

新着記事

おすすめ記事

児玉清さんが遺したことば

what a beautiful time

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club