佐久間良子

「感情を入れるのは役者なら誰でもできるが、佐久間君は感情を抑えた芝居ができる」 佐久間良子さんの初舞台『春の雪』を演出した菊田一夫の言葉である。美貌はもちろんのこと、その声、姿、演出家に応える勘の良さ、初舞台にして、舞台俳優の条件をすべて満たしているとの讃辞を送った。初舞台からすでに 40 年余、その「貌・ 声・姿」には、いささかの衰えもない。それどころか、女優の年輪が加わり、陰影ともよべる奥行がにじみでる。 そして、常にさらなる可能性を求めて前進を続ける。挑戦する女優「佐久間良子」、その姿には芳しきロマンが香り立つ。

撮影=渞忠之 ヘア&メイク=曽我和彦〈ヘアーディメンション〉 スタイリング=石田純子〈 office DUE〉
Vol.7(2011年4月1日号)より

「演出家の意図に副うカンの良さをもち、 「NO」という言葉を発することがない 。 それが、佐久間良子という女優のプロフェショナルたる所以のひとつだ」

佐久間良子を讃える

 

文=なかにし礼

 

スクリーンに映る女優は 限りなく美しく哀切であった

 

佐久間良子という女優が清純派から演技派に転向したのは言うまでもなく、金閣寺炎上事件を題材にした水上勉原作の『五番町夕霧楼』(田坂具隆監督、一九六三年)であった。当時、私はまだ立教大学の学生で、映画を観てあまりに感動しどう手に入れたのかは忘れたが、その映画のポスターを下宿の壁に貼って飽かず眺めていた。 逆さに映った佐久間良子扮する夕霧楼の夕子は限りなく美しくまた哀切であった。いや淫らでもあった。

そのすぐ後に封切られたのがご存じ 尾崎士郎原作の『人生劇場・飛車角』 (沢島忠監督、一九六三年)で、飛車角(鶴田浩二)の女でありながら、その弟分の宮川(高倉健)と恋に落ちてしまう、おとよという女を佐久間良子はそれはそれは見事に演じきった。これもまた美しく哀切で、顔といい声といい姿といい、なにかもうたまらないものがあった。かくて私は佐久間良子の決定的ファンとなったのだが、三十数年後、その女性と一緒に仕事をすることになろうとは、むろん夢にも思っていなかった。

世界劇と名付けた音楽劇(主催・東京電力)を私が作・演出・総監督をつとめて平成元年から年に一度、武道館でつづけている。『ヤマトタケル』(三枝成彰作曲)を十年間、そして市川團十郎と市川新之助(現・海老蔵)の協力を得て『眠り王』(小六禮次郎作曲)を五年間やった。三千人のコーラスとオペラ歌手が歌い上げ、ジャンルを越えて集まった役者たちが演じ、麿赤児と大駱駝鑑が踊る。雄大かつ幻想的、これに優る音楽劇は世界にないのではなかろうかと自負するものだが、これを観た石原慎太郎東京都知事がミレニアム記念に新しい題材でなにか世界劇をやってくれという。

そこで私は考えた。

 

夢にも思わなかった 女優・佐久間良子との仕事

 

で、得た構想は世界劇『源氏物語』 だった。

光源氏は市川新之助、帝は市川團十郎。となると藤壺は佐久間良子しかいないではないか。出演交渉すると、意外や意外、快諾を得た。その時が、生の佐久間良子と、現実世界で話をした最初であった。この世界劇『源氏物語』 (甲斐正人作曲)は二〇〇〇年の大晦日、東京国際フォーラム大ホールで昼 夜二回にわたって上演し大好評を得た。ほかの女優陣を聞いて驚くなかれ。 紫の上は宮沢りえ、六条御息所は松坂慶子、葵の上は萬田久子、朧月夜の君は池上季実子、末摘花は片桐はいり、まだまだ、草笛光子、吉行和子、南果歩、多岐川裕美、白石加代子、高汐巴、 田中ちなみ。これらの女優陣の頂点に あって、しっかと全体を束ね美しさと貫禄においても演技においても絶対的存在感と輝きを佐久間良子ははなってくれたのだった。

その年の春、私は『長崎ぶらぶら節』 で直木賞を受賞していた。この小説は 映画化、ドラマ化もされたが、私と佐久間良子はなんとはなしに気持の通じる間柄になっていて、帝国劇場での一 か月公演は当然のことながら佐久間さんに主演をお願いした。それにつづいて書いた『てるてる坊主の照子さん』 はNHKの朝ドラ「てるてる家族」となったが、これもまた帝国劇場でのか月公演は佐久間さんに主演をお願いした。

若き日には夢にも思わなかったことなのに、私は佐久間良子とこんなにたくさん仕事をしている。なんとも人生とは不思議なものではないか。そしてなお現在は、世界劇『黄金の刻とき 』(小六禮次郎作曲) に安寿と厨子王の母親、 芳乃の役で初演からひきつづき出演していただいている。この芳乃は実は山椒太夫の妻でもあり、難しい役なのだが、どうやら佐久間さんは、世界劇そのものを楽しんでくれているらしい。 今年は十月二十九日土曜日、武道館で上演される。

時は流れたけれど、しかも幸運に仕事もご一緒しているけれど、私は永遠 に、どこまでも美しく哀切で限りなく艶やかな、まさに絵に描いたような大輪の花、女優佐久間良子を敬愛してやまない。

&n

さくま よしこ

女優。1957年、東映第4期ニューフェイスとして入社以来、映画、テレビ、舞台の各分野で第一 線の女優として 活躍を続ける。映画『白い崖』『故郷は緑なりき』『湖畔の人』『五番町夕霧楼』『人生劇場・飛車角』『越後つついし親不知』『肉体の盛装』『湖の琴』『 わが闘争』『大奥絵巻』『風林火山』『戦争と人間第二部 愛と悲しみの山河』 『病院坂の首縊りの家』『細雪』『遺産相続』、 テレビ「北野踊り」「徳川の夫人たち」「皇女和の宮」「お吟さま」「一の糸」「北条政子」「針女」「新平家物語」「出雲の阿国」「心の旅路」 「さすらいの旅路」「舞いの家」「女たちの忠臣蔵」「 おんな太閤記」「波の塔」「花の吉原雪の 旅」「天璋院篤姫」「風の盆恋歌」「妻たちの鹿 鳴館」「春日局」「ドナウの旅人」「雁金屋草紙」 「功名が辻」「浅見光彦 最終章」、舞台『春の 雪』『シラノ・ド・ベルジュラック』『真砂屋お峰』 『鹿鳴館』『唐人お吉』(菊田一夫演劇大賞受賞、再演で文化庁芸術祭賞受賞)、『松屋のお琴』『桜の園』『滝の白糸』『椿姫』『白蓮れんれん』『波の鼓』『細雪』『朱雀家の滅亡』など多数 の出演作がある。また、77年に「日展」入選以 来、数々の書道展に入選、個展も開催している。
 

なかにし れい

作家。1938年、中国黒龍江省牡丹江市生まれ。 立教大学文学部仏文科卒。大学在学中よりシャンソンの訳詞を手がけ、64年菅原洋一が歌った 「知りたくないの 」のヒットを機に作詞家となる。「天使の誘惑」「今日でお別れ」「北酒場」(いずれもレコード 大賞受賞)のほか「恋のフーガ」「石狩挽歌」 「時には娼婦のように」「風の盆恋歌」など約4千 曲の作詞を手がけレコード大賞作詞賞を2回受賞。 その後作家活動を開始、2000年に『長崎ぶらぶら節』で直木賞を受賞。『兄弟』『赤い月』『てるてる坊主の照子さん』『夜盗』『世界は俺が回してる』 など多数の著作がある。また 89年からは、クラシック、オペラ、コーラス、歌舞伎、演劇、舞踏などジャンルを越えたアーティストが出演する自由で平和な空間エンタテインメント『世界劇』の作・演出・総 監督をつとめている。


新着記事

おすすめ記事

児玉清さんが遺したことば

浜美枝さんの箱根

good fellows

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club