百年を超えた正しい美容法、「北原美顔」の秘密 其の一─なぜ有名女優や俳優が門をたたくのか─

あまたの化粧品や美容法が氾濫する現代に、百年以上にわたって変わらない美顔術・化粧品が多くの人々の悩みを解決し、美肌を蘇らせている。

無添加化粧品、自然派化粧品、オーガニックコスメなど、次々に新しい化粧品が現れては消えていく中にあって、明治34年(1901)から今日まで、〝北原美顔〞は肌に正しい方法を一貫して変えない、という。

 

〝美容〟という言葉を生み出した明治の益荒男

 

 祖父の北原十三男は、当時ぶっ飛んだ男性で、日本で医学を学んだ後、欧州各国に出かけるのです。ハンガリーのブダペストで美容術を学んで帰国した祖父が、〝美顔雪肌術〞と名付けた美顔法をスタートさせたことが当社の始まりです」と、語るのは日本化粧品社長、北原美顔院長の北原邦子さんだ。

 牛込に開業はしたものの、「顔をいじる医者なんて大丈夫か?」となかなか受け入れてもらえなかったという。そこで、十三男は〝美顔雪肌術〞をわかりやすく伝えることを思案し、当時読んでいた小説『南総里見八犬伝』の中の「潤鷲手古内美容(うるわしてこないはるかた)」の最後の二文字から、〝美容〞という言葉に着目、これを使った。今でこそ一般的な〝美容〞という言葉は、十三男が生み出したのだ。「医を施すところが医院、美容を施すところは美容院」という考えから「北原東京美容院」を明治44年に開設、十三男30歳の時だった。

「それからも祖父は欧米での視察を重ね、ドイツから火傷や外傷の治療に使われていた最先端の医療機械を持ち帰り、それを参考にして肌のマッサージ機を造り上げ活用するようになったのが〝正式北原美容術〞の始まりです。この機械は今もサロンで使っていますし、私が自らメンテナンスや修理もやっています」と邦子社長は言う。今でいう、エステティックの始まりで、この施術は評判となっていった。

 

日本の女性を美しくするため奔走した北原十三男は、研究熱心で自ら施術を行い、女性の肌の悩みを解決していった。豪放磊落で社交的な性格だった。

「肌にとって正しいことは何か」を追求した半生

 

「貧乏しても教育をする」というのは北原家の〝家訓〞だそうだが、女子教育の必要性を感じた十三男は、日本で初めての美容専門学校「日本女子美容術学校」を創設する。激動の明治にあって、海外を自らの目で見た十三男ならではの発想で、美容に関しての知識のみならず、テーブルマナーや写真の撮り方なども教えるという教育で、名家の子女が集まった。

 また当時、化粧には鉛を原料とする鉛白粉が一般的に使われており、人気の歌舞伎役者の慢性鉛中毒が大きな社会問題になっていた。鉛白粉が胃腸病や神経麻痺など体調を悪くする原因にもなっていたのだ。社交的な人柄もあいまって、歌舞伎役者にも多くの親交があった十三男は彼らの悩みを解決しよう研究を重ねた。昭和9年、無鉛で、肌色の白粉を開発、実用化に初めて成功したのだった。奇しくもこの年、鉛を含んだ白粉が発売禁止になった。

 関東大震災や太平洋戦争など押し寄せる苦難をものともせず十三男の〝美容〞への追求はとどまることがなかった。〝美容〞いう言葉を作り、〝美容院〞を開設し,〝美容学校〞まで作った十三男は、「肌にとって正しいことは何か?」を追求しつづけた半生であった。

歌舞伎役者十五代市村羽佐衛門(上)と六代目尾上梅幸らと十三男は親しかった。常識を覆す〝無鉛肌色白粉〟の開発、実用化の成功は、十三男の友を想う気持ちが強かったからだろう。

 

〝女優の肌の駆け込み寺〟といわれるエステサロン

 

 戦後、現在の地で「北原東京美容院」は再建され、十三男から長男夫婦へとバトンが渡された。〝北原美顔術〞はエステブームの先かけとなり、秋葉原で〝ニキビなおし〞のサロンと呼ばれ、店の前に並ぶ行列は凄まじかった。また、歌舞伎役者や宝塚の女優からの口コミで広がり〝女優の肌の駆け込み寺〞と紹介される存在となっていった。

「化粧品もこの建物で製造しています。祖父が遺してくれたレシピは門外不出、忠実に守って作っています。千人には千人の肌の状態がありますが、そのトラブルを全て治してきました。それが一世紀以上続いた答えです」と、邦子社長。

 北原ブランドの化粧品には、流行りの保湿や、美白を謳う製品はない。扱う製品は明治34年の開業とともに製造が始まった「石鹸」、「美肌水」「エッセンス」「ミルク」(化粧水)、「水クリーム」(乳液)、「クリーム」(化粧下地)、「練白粉」(水白粉)、「粉白粉」「ホ々紅」。そして2017年から「シャンプー」と「コンディショナー」が加わった。

「防腐剤も保存料も最小しか入れず、国内で調達できる最高の原料を使っています。シャンプーとコンディショナーは、美容師さんの肌のトラブルを解消してほしいという声から生まれました。食べ過ぎるとお腹を壊すように、肌も過保護にするからおかしくなるのです。祖父の講義を女学生の時に聴いたという90歳を超える女性がいらっしゃいますけど、桜色の肌でつやつやですよ」と邦子社長は微笑んだ。

〝北原美顔〟のシンプルなスキンケアは「北原石鹸」で冷 水による洗顔から。「北原石鹸N+」(80g 2,000円 税抜 は、植物性の石ケン素地に爽やかな柑橘系の香りがプラ スされツッパリ感もなく洗い上りが艶やか。汚れを落とす 「北原シャンプー」(300mL 2,500円 税抜)と潤いを補う 「北原コンディショナー」(300mL 2,500円 税抜)は、石 鹸と同様、頭皮本来の働きを助ければ、髪は自然と美しくなるという〝北原美顔〟の考えに基づいている。

北原美顔

日本化粧品株式会社
東京都千代田区外神田2-3-6 KITAHARAビル

北原美顔の予約:0120-55-4675

定休日/日曜・月曜・祝日)
(営業時間/10:30~19:30(美顔予約11:00~19:30)

北原化粧品のお問い合わせ:0120-58-4675

(定休日/土曜・日曜・祝日) (営業時間/9:30~18:00)

公式ホームページ http://kitahara-bigan.co.jp/

オンラインショップ www1.enekoshop.jp/shop/kitahara-shop/


新着記事

おすすめ記事

玉川学園前 ~学生街の大人の居場所~

西洋アンティークのあるお店

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club