資生堂パーラー 銀座本店

銀座のメインストーリーに面した煉瓦色のビル。 〝ハレの日〟のお出かけにオシャレをして訪れたくなるところだ。

創業は1902年(明治35)、資生堂薬局の一角で日本初のソーダ水とまだ希少だったアイスクリームの製造販売を始めたのが「ソーダファウンテンコーナー」。これが1928年(昭和3)に「資生堂アイスクリームパーラー」と改称し本格的な洋食レストランになった。

当時の写真や資生堂100周年のパッケージデザインをした山名文夫氏のイラストなどが壁を飾る。ビーフシチュー 資生堂パーラースタイル3,500円は、開業当時からの看板メニューを進化させたもの。「よく煮込んだ牛肉は脂 削ぎ落しているのでさっぱりとした味わいに仕上がっています。ベースとなるフォン・ド・ヴォー にトマトや玉ねぎ、にんじん、赤ワインを入れてじっくり煮込みます」と一昨年7月に調理長に就任した倉林龍助さんは言う。

この道30年の倉林さんから「大切なのは手間を惜しまず、じっくり愛情を注ぐこと」と深い含蓄の言葉が口をついた。歴代のシェフに受け継がれてきたミートクロケット トマトソース2,470円、伝統のコンソメスープ1,230円、海の幸のトマトマカロニグラタン1,850円など長年愛されてきたメニューが並ぶ。中央には週ごとに変わる優雅なフラワーアレンジメントが、凛とした店内に映えていた。

〔住〕中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル 4、5階 〔問〕03-5537-6241 〔営〕11:30~21:30(L.O.20:30) 〔休〕月曜(祝日の場合は営業)


good fellows

おすすめ美術展

Special Feature

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club