資生堂パーラー 銀座本店

[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_Image_Widget”][/siteorigin_widget]
銀座のメインストーリーに面した煉瓦色のビル。 〝ハレの日〟のお出かけにオシャレをして訪れたくなるところだ。

創業は1902年(明治35)、資生堂薬局の一角で日本初のソーダ水とまだ希少だったアイスクリームの製造販売を始めたのが「ソーダファウンテンコーナー」。これが1928年(昭和3)に「資生堂アイスクリームパーラー」と改称し本格的な洋食レストランになった。

当時の写真や資生堂100周年のパッケージデザインをした山名文夫氏のイラストなどが壁を飾る。ビーフシチュー 資生堂パーラースタイル3,500円は、開業当時からの看板メニューを進化させたもの。「よく煮込んだ牛肉は脂 削ぎ落しているのでさっぱりとした味わいに仕上がっています。ベースとなるフォン・ド・ヴォー にトマトや玉ねぎ、にんじん、赤ワインを入れてじっくり煮込みます」と一昨年7月に調理長に就任した倉林龍助さんは言う。

この道30年の倉林さんから「大切なのは手間を惜しまず、じっくり愛情を注ぐこと」と深い含蓄の言葉が口をついた。歴代のシェフに受け継がれてきたミートクロケット トマトソース2,470円、伝統のコンソメスープ1,230円、海の幸のトマトマカロニグラタン1,850円など長年愛されてきたメニューが並ぶ。中央には週ごとに変わる優雅なフラワーアレンジメントが、凛とした店内に映えていた。

[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_Image_Widget”][/siteorigin_widget]
[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_Image_Widget”][/siteorigin_widget]
〔住〕中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル 4、5階 〔問〕03-5537-6241 〔営〕11:30~21:30(L.O.20:30) 〔休〕月曜(祝日の場合は営業)
サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!