居酒屋 SEA  

 海を見るのが好きで、海を見ているとやすらぐ、そんな気持ちをこの店で味わっていただけたらと、2014年に森田早苗さんがオープンした。白木のカウンターにはロールキャベツ、酢豚、タコのマリネ、マカロニサラダ、もやしと春雨サラダなどの大皿料理が並んでいる。おでんも煮えている。日によって料理は変わるが、ロールキャベツは定番のメニュー。家庭料理の趣きだ。料理が好きで、それまでは専業主婦だった森田さんが、子育ても終り、何か自分の仕事をしてみたいと始めた店である。焼酎赤霧島のソーダ割を注文した阿部さんが選んだ料理は、ロールキャベツと春雨サラダと酢豚。まずは3種類のお通しが出された。

 この日は、つくね、ほうれん草のごま和え、なすの揚げ煮。つくねの甘辛たれの匂いが胃袋を刺激する。白いご飯が欲しくなる。仕事帰りにオープンと同時に立ち寄り、まずはご飯という客も少なくない。メニューには出ていないが、五目ご飯、焼き魚、アボカド納豆、メンチカツ、餃子なども注文できる。

 お通しをつまみながら「居酒屋というより、家庭の食卓の雰囲気ですね」という阿部さんの前にコンソメ風味のロールキャベツをはじめ料理が用意された。すると阿部さん「ロールキャベツってこんなにセクシーでしたっけ」と不思議な発言。キャベツがシースルーで中の肉がぎっしりと透けて見えるのだ。

 春雨サラダに飾られた錦糸卵もお気に入りのようだ。酢豚にはレンコンが入っている。「酢豚のトロッとした餡にからむ、レンコンの歯ごたえがいいですね。僕、肉でも野菜でも大ぶりなのが好きなんです。どの料理も手作りならではの優しい味わいです」と見事に平らげた。

 オープンしてまだ日は浅いが地元の常連客が日々通う店であった。

 お通し400 円、マカロニサラダやもやしと春雨サラダは400 円、ゴールデンウイーク手前くらいまでは用意されているおでんは3 種で500 円、ロールキャベツ、あじフライ、からあげ、タコのマリネ、酢豚、ピザ、ソース焼きそばなど500 円に、カレーライス600 円もある。メニューには出ていないが、えびのアヒージョ、串カツ、餃子、焼き魚などいずれも500 円、アボカド納豆、アボカドグラタンなど400 円、五目ご飯、メンチカツなど300 円も誰でも注文できる。キムチチゲ600 円もある。女性オーナーの店ということで、一人で訪れる女性客も多いそうだ。

〔住〕狛江市東和泉3-10-6 〔問〕03-6751-0192 〔営〕17:00 ~深夜0:00(土曜は23:00まで)〔休〕日曜・祝日・月1 回土曜(不定期)

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!