百年を超えた正しい美容法、「北原美顔」の秘密 其の一─なぜ有名女優や俳優が門をたたくのか─


あまたの化粧品や美容法が氾濫する現代に、百年以上にわたって変わらない美顔術・化粧品が多くの人々の悩みを解決し、美肌を蘇らせている。無添加化粧品、自然派化粧品、オーガニックコスメなど、次々に新しい化粧品が現れては消えていく中にあって、明治34年(1901)から今日まで、〝北原美顔〞は肌に正しい方法を一貫して変えない、という。


〝美容〟という言葉を生み出した明治の益荒男

 祖父の北原十三男は、当時ぶっ飛んだ男性で、日本で医学を学んだ後、欧州各国に出かけるのです。ハンガリーのブダペストで美容術を学んで帰国した祖父が、〝美顔雪肌術〞と名付けた美顔法をスタートさせたことが当社の始まりです」と、語るのは日本化粧品社長、北原美顔院長の北原邦子さんだ。

 牛込に開業はしたものの、「顔をいじる医者なんて大丈夫か?」となかなか受け入れてもらえなかったという。そこで、十三男は〝美顔雪肌術〞をわかりやすく伝えることを思案し、当時読んでいた小説『南総里見八犬伝』の中の「潤鷲手古内美容(うるわしてこないはるかた)」の最後の二文字から、〝美容〞という言葉に着目、これを使った。今でこそ一般的な〝美容〞という言葉は、十三男が生み出したのだ。「医を施すところが医院、美容を施すところは美容院」という考えから「北原東京美容院」を明治44年に開設、十三男30歳の時だった。

「それからも祖父は欧米での視察を重ね、ドイツから火傷や外傷の治療に使われていた最先端の医療機械を持ち帰り、それを参考にして肌のマッサージ機を造り上げ活用するようになったのが〝正式北原美容術〞の始まりです。この機械は今もサロンで使っていますし、私が自らメンテナンスや修理もやっています」と邦子社長は言う。今でいう、エステティックの始まりで、この施術は評判となっていった。

〝女優の肌の駆け込み寺〟といわれるエステサロン

 戦後、現在の地で「北原東京美容院」は再建され、十三男から長男夫婦へとバトンが渡された。〝北原美顔術〞はエステブームの先かけとなり、秋葉原で〝ニキビなおし〞のサロンと呼ばれ、店の前に並ぶ行列は凄まじかった。また、歌舞伎役者や宝塚の女優からの口コミで広がり〝女優の肌の駆け込み寺〞と紹介される存在となっていった。

「化粧品もこの建物で製造しています。祖父が遺してくれたレシピは門外不出、忠実に守って作っています。千人には千人の肌の状態がありますが、そのトラブルを全て治してきました。それが一世紀以上続いた答えです」と、邦子社長。

 北原ブランドの化粧品には、流行りの保湿や、美白を謳う製品はない。扱う製品は明治34年の開業とともに製造が始まった「石鹸」、「美肌水」「エッセンス」「ミルク」(化粧水)、「水クリーム」(乳液)、「クリーム」(化粧下地)、「練白粉」(水白粉)、「粉白粉」「ホ々紅」。そして2017年から「シャンプー」と「コンディショナー」が加わった。

「防腐剤も保存料も最小しか入れず、国内で調達できる最高の原料を使っています。シャンプーとコンディショナーは、美容師さんの肌のトラブルを解消してほしいという声から生まれました。食べ過ぎるとお腹を壊すように、肌も過保護にするからおかしくなるのです。祖父の講義を女学生の時に聴いたという90歳を超える女性がいらっしゃいますけど、桜色の肌でつやつやですよ」と邦子社長は微笑んだ。


北原美顔
日本化粧品株式会社
東京都千代田区外神田2-3-6 KITAHARAビル


北原美顔の予約:0120-55-4675
定休日/日曜・月曜・祝日)
(営業時間/10:30~19:30(美顔予約11:00~19:30)
北原化粧品のお問い合わせ:0120-58-4675
(定休日/土曜・日曜・祝日) (営業時間/9:30~18:00)
公式ホームページ http://kitahara-bigan.co.jp/
オンラインショップ www1.enekoshop.jp/shop/kitahara-shop/

サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!