トラットリア フィッリョ ハギ

無農薬の自家製野菜が自慢の若い夫婦のトラットリア

 イタリアンかフレンチの小体なレストランを探してみようということで、通りの反対側を歩いてみることにした。程なく、イタリア国旗が目に入った。ありました、イタリアンレストラン〈トラットリア フィッリョ ハギ〉。


 入口のプレートによると1995年。小さな入口のドアを開けると、店内は結構奥行がある。萩原清二さん・綾子さん夫婦で切り盛りしている。「以前、この場所で両親が割烹を営んでいたんですが、僕が受け継ぐことになり、最初は和食を勉強したんですがそのまま両親と同じことをしてもつまらないと思って、イタリアンの修業を始めました」と。

 なるほど、店名の〈フィッリョ ハギ〉は、イタリア語で〈ハギ(萩原)の息子〉である。

 ランチタイムメニューには、いずれもスープ・サラダ付の本日のパニーニ、本日のライスプレート(当日はメンチカツカレー)、自家製フォカッチャとサラダが付いた本日のパスタがある。

3種類のランチパスタから研さんが選んだのは生ハムとキャベツのペペロンチーノ。野菜は綾子さんの実家の群馬の畑で自家栽培で育てているそうで、ネギ、大根、白菜、キャベツ、八つ頭などなど季節折々の野菜がイタリアンで提供される。


「畑で収穫したイタリアンでは普段使わない野菜で新たにイタリア料理を創作するのは、なんだか宿題を出されているみたいでやりがいを感じています」と清二さん。メニューボードには〈HAGIファーム無農薬野菜メニュー〉として、八つ頭とベーコンのコロッケ、ルッコラのサラダ、カボチャのスープなどが並ぶ。

「パスタ、すごく美味しい。色取りがきれいでなんだか春を先取りしているみたいで楽しい。別のお料理も食べてみたい」と研さんは追加でバーニャカウダと生ハムとルッコラのピッツアを注文。

ランチタイムの本日のパスタ(自家製フォカッチャ、サラダ付)900円、いずれもスープ・サラダ付の本日のパニーニ(プロシュートとカプレーゼの2種類が付く)800円、本日のライスプレート900円。300円の追加で料理と一緒にランチビール、ランチワイン、ランチスプマンテが味わえる。バーニャカウダ1,100円、生ハムとルッコラのピッツア950円、白子のクリームソースパスタ1,350円などのほか、仔羊のポルペッテ800円、エビとマッシュルームのニンニクバター950円、ナスのパルマ風グラタン900円などの前菜、メインディッシュには究極の黒豚イベリコ豚のグリル1,850円、黒毛和牛肩ロース肉のグリル2,400円などのメニューを見ると、ディナータイムにも訪れてみたくなる。コペルト代(パン代)としての1人300円がチャージ代である。

〔住〕世田谷区北沢3-2-14 
〔問〕03-3460-3719
〔営〕ランチ(月~金曜)11:30 ~ 14:00 /ディナー18:00 ~ 23:00L.O.
〔休〕水曜・月一回程度火曜か木曜とあわせて連休あり

*掲載時の内容です。営業時間・定休日が記載と異なる場合がありますので、ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!