「渡辺省亭 ─欧米を魅了した花鳥画─」鑑賞券


会期:2021年3月27日(土)~5月23日(日)*会期中展示替えあり

会場:東京藝術大学大学美術館

 

「日本画壇に渡辺省亭(せいてい)あり」と聞いて、すぐにその花鳥画が浮かぶ方は、日本画に相当造詣が深いと言えよう。嘉永4年12月(1852年1月)神田佐久間町に生まれ、16歳で歴史画家、菊池容斎に入門。明治8年(1875)起立工商会社に入社し、輸出用工芸図案を担当。内国勧業博覧会出品作を明治11年のパリ万博にも出品し、日本画家としてはじめてパリに渡る。帰国後も内外の博覧会や展覧会に花鳥画を中心に積極的に出品して、明治20年代には日本画の伝統と洋風を融合させた画風を確立している。

 ここまでのプロフィールから、渡辺は早くから海外での評価を得ていたことが頷ける。しかし、明治30年代以降、国内の美術展覧会、美術団体と距離をおき市井の画家として独自の活動に入る。 岡倉天心やフェノロサからも認められた実力を持ちながら、弟子もとらず、画壇にも属さず、ひたすら画業に専念し、「孤高の神絵師」とも称される省亭の、海外から初めて里帰りする作品や知られざる個人コレクションを含め、全画業とも言える初の回顧展として東京藝術大学大学美術館に集結する。

《牡丹に蝶の図》1893(明治26)年/絹本着色/一幅/個人蔵
《牡丹に雛図(花鳥魚鰕画冊)》絹本着色/一面(全二十一面のうち)/メトロポリタン美術館
《四季江戸名所(夏 不忍池蓮)(部分)》絹本着色/四幅のうち/個人蔵

■お問い合わせ:ハローダイヤル 03-5777-8600
■休館日:月曜日(ただし5月3日は開館)
■開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
■観覧料:一般1,700円 高校・大学生1,200円 中学生以下無料
■展覧会公式サイト:https://seitei2021.jp
*本展は事前予約制ではありませんが、今後の状況により変更及び入場制限等を実施する可能性がございます。最新の情報はホームページでご確認ください。

プレゼント 5組10名様
■応募〆切  3月19日(金
)

【ご応募に際してのお願い】
ご応募はご本人のみとしメール・アドレスは一つに統一してください。
複数のアドレスを使用された場合、重複と見なされすべての応募が自動的にブロックされますのでご注意ください。
*なお、ご記入いただいた個人情報はご応募の当選賞品をお届けしたり、WEBマガジン更新(プレゼント情報を含む)のお知らせのために利用し、他の目的に利用いたしません。

 

応募する

PR

サントリー美術館様

特集 special feature 

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三 80歳の青春

加山雄三 80歳の青春

若大将、人生を語る

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

下北沢に「住む」「学ぶ」寮生活

topics 下北沢に「住む」「学ぶ」寮生活

SHIMOKITA COLLEGE 登場

ロマンスカーミュージアム

ロマンスカーミュージアム

小田急線海老名駅に来年4月開業

文化都市・六本木ヒルズで元気になる

文化都市・六本木ヒルズで元気になる

村上隆彫刻作品「お花の親子」が出現

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

参宮橋

参宮橋

松下洸平さん

代々木上原

代々木上原

松田悟志さん

下北沢 第4景 

下北沢 第4景 

横田栄司さん

下北沢 第3景

下北沢 第3景

藤田俊太郎さん

下北沢 第2景

下北沢 第2景

大谷亮平さん

下北沢 第1景 

下北沢 第1景 

カズ・ハヤシさん

伊勢原

伊勢原

眞島秀和さん

喜多見

喜多見

鈴木伸之さん

千歳船橋

千歳船橋

町田啓太さん

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial