隈研吾展新しい公共性をつくるためのネコの5原則

会期:6月18日(金)~9月26日(日)
会場:東京国立近代美術館 1階 企画展ギャラリー


 スコットランドの博物館《V&Aダンディー》や《国立競技場》の設計に参画するなど、現代日本を代表する建築家のひとりである隈研吾。東京国立近代美術館開館以来初めてとなる大規模な建築家の個展「隈研吾展」が開催されます。本展では、世界各国に点在する作品の中から公共性の高い68件の建築を、「孔」「粒子」「斜め」「やわらかい」「時間」という5原則に分類し、建築模型や写真、モックアップ(部分の原寸模型)により紹介されます。また、コロナ禍以降、人間は一箇所に定まらず転々と暮らし、スキマに入り込んで自らノラミチをつくっていくネコの生態に学ぶべきだという氏の考えに基づき、《東京計画2020(にゃんにゃん) ネコちゃん建築の5656(ごろごろ)原則》が明かされます。章解説や作品の解説は全て隈研吾自身によるもの。新しい公共性や未来の都市のあり方について考える機会となることでしょう。

オドゥンパザル近代美術館(トルコ) 2019 ©Erieta Attali
雲の上の図書館/ YURURIゆすはら 2018
©Kawasumi・Kobayashi Kenji Photograph Office
高輪ゲートウェイ駅 2020 ©東日本旅客鉄道株式会社


■開館時間:平日:10:00~17:00 金曜、土曜は10:00~21:00(入館は閉館の30分前まで)
■休館日:月曜日[7/26、8/2,8/9,8/30,9/20は開館]、8/10(火)、9/21(火)
■入館料:一般1,300円、大学生 800円、高校生以下無料
■お問い合わせ:050-5541-8600(ハローダイヤル)
■HP:https://kumakengo2020.jp/

*新型コロナウイルス感染症の拡大などの状況により、開催日程や出品が変更になる可能性があります。詳細は東京国立近代美術館のウェブサイト(https://www.momat.go.jp)をご確認ください。

プレゼント 5組10名様
応募〆切  6月13日(日)


PR

サントリー美術館様

特集 special feature 

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

聖火リレー辞退、加山雄三の人生観

聖火リレー辞退、加山雄三の人生観

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

Present

information

ホテルにいながら世界の街へ! 小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの食で味わう海外旅行

ホテルにいながら世界の街へ! ...

小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの提案

森美術館 「アナザーエナジー展」 

森美術館 「アナザーエナジー展...

挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人

箱根海賊船『Sunset  Cruise』運航!

箱根海賊船『Sunset C...

初夏の夜の箱根時間を堪能する

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕...

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial