川崎市アートセンター

街の芸術発信の拠点


 館内には195席と小規模ながら舞台と観客が一体となれる劇場空間〈アルテリオ小劇場〉や、新作から名画、企画上映など国内外の多様な映画を上映するミニシアター〈アルテリオ映像館〉、アートセンターを訪れるすべての人々のオープンスペースであり、トークショーやワークショップなども実施するコラボレーションスペースなどがあり、市民に開かれたアートスポットだ。取材当日も朝10時の回の映画上映に80人以上の人々が訪れていた。
「こういった場所に来ると、新百合ヶ丘が芸術の街と謳っているのが実感として伝わってきますね。それにしても、朝一番の上映にこんなに多くの方がいらしてるんですね」と小市さんも見ていただく立場の俳優として感慨深い面持ちで、また興味深そうにパンフレットなどに熱心に目を通していた。


川崎市アートセンター
芸術の街、新百合ヶ丘のアートの拠点で市民に開かれたスペースとなっている。

〔住〕川崎市麻生区万福寺6-7-1〔問〕044-955-0107〔開館〕9:00~22:30、施設受付:9:30~19:30(開催プログラムにより変更あり)、チケット専用ダイヤル044-959-2255(平日9:30 ~ 19:30 ※劇場公演チケットのみ前売販売)〔休〕12/29 ~ 1/3、毎月第2月曜、アルテリオ映像館は月曜休映(祝日の場合は翌平日休映)

*掲載時の内容ですので、営業時間・定休日が記載と異なる場合があります。ご来館時は事前にご確認ください。

サントリー美術館様
森美術館

特集 special feature 

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!