三菱創業150周年記念三菱の至宝展

会期:6月30日(水)~9月12日(日)*展示替えあり
   前期:8月9日(月・振休)まで/後期:8月11日(水)から
会場:三菱一号館美術館


 三菱の事業は、岩﨑彌太郎が1870年(明治3)に海運業の経営に着手したときから始まります。1945年の財閥解体に至るまで、創業家である岩﨑家四代の社長によって発展を遂げました。彼らは、文化財にも大変な関心を持ち、広い視野を持った収集品は、静嘉堂文庫と東洋文庫に収蔵されています。

 本展では、完品としては世界に3碗のみの奇跡の茶碗・国宝《曜変天目》、彌之助が京都・醍醐寺を支援した返礼の品である俵屋宗達の国宝《源氏物語関屋澪標図屏風》、中国最古の詩集で現存最古級の写本、国宝《毛詩》など日本の芸術文化の研究・発展のために岩﨑家四代が集めた、三菱ゆかりの静嘉堂、東洋文庫の国宝12点を含む秘蔵コレクションが一堂に会する貴重な展覧会です。

重要文化財《龍虎図屏風》のうち「虎図」 橋本雅邦 1895(明治28)年 (公財)静嘉堂蔵
【展示期間:6月30日~8月9日】
国宝《源氏物語関屋澪標図屏風》のうち「関屋図」俵屋宗達 江戸時代・1631(寛永8)年 (公財)静嘉堂蔵 
【展示期間:8月11日~9月12日】


■入館料 一般1,900円、高校・大学生1,000円、小・中学生無料
■開館時間 10:00~18:00(金曜、第2水曜、夜間開館の詳細は展覧会サイトをご覧ください)
■休館日  月曜日、8月10日(火) *ただし7/26、8/9、8/30,9/6は開館
■お問い合わせ 050-5541-8600(ハローダイヤル)
■展覧会サイト https://mint.jp/kokuhou12

プレゼント: 5組10名様
応募〆切:  7月11日(日)


PR

サントリー美術館様

PR

きんでん

特集 special feature 

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

~江戸薫る 芝居小屋の風情を今に~

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

聖火リレー辞退、加山雄三の人生観

聖火リレー辞退、加山雄三の人生観

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

ホテルにいながら世界の街へ! 小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの食で味わう海外旅行

ホテルにいながら世界の街へ! ...

小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの提案

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕...

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial