ユネスコ無形文化遺産 特別展「体感!日本の伝統芸能 ─歌舞伎・文楽・能楽・雅楽・組踊の世界─」

会期:2022年1月7日(金)~3月13日(日)
会場:東京国立博物館・表慶館

「歌舞伎」「文楽」「能楽」「雅楽」「組踊」の5つのユネスコ無形文化遺産の魅力を一挙に「体感」できるこれまでにない展覧会が開催される。本展は、東京2020 オリンピック ・パラリンピック競技大会を契機として政府が推進する「日本博」及び「日本美を守り伝える『紡ぐプロジェクト』」の一環だが、2020年、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止となった特別展を、内容を一部リニューアルして開催される。ユネスコ無形文化遺産に登録された日本の伝統芸能を一堂に集め、明治末期の洋風建築として重要文化財に指定されている東京国立博物館・表慶館という空間で、それぞれの芸能が持つ固有の美とそれを支える「わざ」を紹介する。各展示室では、実際に舞台に上がり、伝統芸能ならではの舞台空間を臨場感たっぷりに体験できる再現舞台を設置するほか、実際の公演で使用されている衣裳、小道具、楽器等も展示。また、舞台を支える技術者による解説動画や、VR技術を活用したバーチャルミュージアムのインターネット公開も予定されている。

歌舞伎『金門五山桐』南禅寺山門の場 石川五右衛門(中村芝翫〔当時橋之助〕)※写真は展示のイメージ
文楽『義経千本桜』道行初音旅 静御前 ※写真は展示のイメージ
 組踊『銘苅子』天女 ※写真は展示のイメージ

開館時間:午前 9 時 30 分~午後 5 時
事前予約(日時指定券)推奨 ※詳細は展覧会公式ウェブサイト等でお知らせします。
休 館 日:月曜日(※ただし、1 月 10 日(月・祝)は開館、1 月 11 日(火)が休館日となります)
公式サイト:https://tsumugu.yomiuri.co.jp/dentou2022

鑑賞券プレゼント:2組4名様
応募〆切
1月31日(月)

応募する

サントリー美術館様

特集 special feature 

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!