松岡美術館「松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.1」

 港区白金台にある松岡美術館は、都心の隠れ家的存在として親しまれてきました。2年8カ月の長期休館を経て、今年1月26日から再開しています。

 創設者の松岡清次郎氏は自らオークションや公募展に出向き、約2400点のコレクションを蒐集しました。本展では、本館所蔵の中国陶磁、中国絵画、日本画、西洋画、能面などのコレクションを再構成し、3会期連続で「出会い」をテーマにした企画展が開催されます。その第 1期となる本展では、「 二色(ふたいろ)の美」「 故(ふる)きを 温(たず)ねて」 「中国青銅器 形と用途」 を開催。

黄地緑彩龍文鉢「大清康煕年製」銘 景徳鎮窯

 本館所蔵の中国陶磁コレクションから磁州窯や景徳鎮窯の作品を中心に、二色のコントラストが映えるうつわが出品され、二色がめぐりあう美を楽しめます。また、松岡美術館の至宝《青花龍唐草文天球瓶》も再開記念展に引き続き展示されます。

真野満《後白河院と遊女乙前》
橋本雅邦《諸葛亮読書図》
前期展示

「故(ふる)きを温(たず)ねて」では、諸葛孔明や後白河院のように永く語り継がれた人物や、吉事を予見させる縁起の良い作品が出展されます。《後白河院と遊女乙前》は歴史画の名手、真野満が院展で内閣総理大臣賞を受賞した作品です。


 さらに、所蔵の中国青銅器を3期に分け一挙公開。創設者の清次郎氏は美術館開館前から、中国青銅器蒐集をはじめました。所蔵数は約20件と少ないものの、その半数以上が金文を持ち、資料的価値の高い作品群で、第一弾として形や用途に着目した内容で構成されます。


展覧会名 松岡コレクション めぐりあうものたち V ol.1
企画展1 二色(ふたいろ)の美
企画展2 故(ふる)きを温(たず)ねて
《特別展示 》 中国青銅器 形と用途
会期:2022年4月26 日(火)~7 月24日(日)
※「企画展 2 故きを温ねて 」のみ、 6 月7日(火)より展示作品の入れ替えあり
開館時間:10:00 ~17:00 (入館は 16:30 まで)毎月第1金曜日 10:00 ~19:00 (入館は18:30 まで)
休館日: 毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
入館料: 一般 1,200 円 /25歳以下 500 円( 10名以上の団体は各100円引)高校生以下、障がい者手帳お持ちの方無料
会場 :松岡美術館  東京都港区白金台 5-12-6
お問い合わせ:03-5449-0251


鑑賞券プレゼント:5組10名様
応募〆切:4月20日(水)

サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!