戦争の轟音の中の〝生〟を見つめる『国境の夜想曲』 

ジャンフランコ・ロージ監督最新作

 二年前だっただろうか。岩波ホールで『シリアにて』という映画を観た。窓辺から外を見つめる女性の顔がとても印象的なチラシに興味を持ち、足を運んだのだった。いまだ内戦の続くシリアのアパートの一室。戦争におびえる一家、爆撃音や銃声で逃げ場のない緊迫感が伝わり、同じ時代を生きる人々がこのような状況に置かれていることにショックを受けた。一刻も早くシリアに平和な日が来ることを願うと同時に、何はともあれ、平和な日本で生きていられることにありがたさを感じたのだった。

©︎ 21 UNO FILM / STEMAL ENTERTAINMENT / LES FILMS D’ICI / ARTE FRANCE CINÉMA / Notturno NATION FILMS GмвH / MIZZI STOCK ENTERTAINMENT GвR


『国境の夜想曲』は、シリア、イラク、レバノン、クルディスタンの国境地帯で約3年にわたってジャンフランコ・ロージ監督によって撮影された。この地域は、2001年の9.11米国同時多発テロ、2010年のアラブの春に端を発し、2021年8月のアメリカのアフガニスタンからの撤退とそれに伴う一連の悲劇で、侵略、圧政、テロリズムによって、数多くの人々が犠牲となった。インタビューやナレーション、テロップなど通常のドキュメンタリー映画で使用される手法は一切なく、その場所で暮らす人々や、風景の中でカメラを構え、静かに彼らを映し出している。


 戦争で息子を失い哀悼歌を歌う母親たち、ISIS(イスラム国)の侵略よって、心に痛みを抱えた子供たちの声、政治風刺劇を上演する精神病院の患者たち、シリアに連れ去られた娘からの音声メッセージを何度も聞く母親、家族の生活のために夜明け前から狩猟をガイドする少年、テレビやインターネットからでは決して報道されることのないその地を生きる人々の日々の営みがスクリーンに広がる。それぞれが断片的な場面を切り取っているが、一つの物語のように繋がっているように見える。まがりなりにも平和な日常を生きる私たちにとっては、想像もできない世界だ。
 ジャンフランコ・ロージ監督は、『国境の夜想曲』は光の映画であり、暗闇の映画でないという。人々の驚くべき生きる力を物語っているという。戦争という闇に陥った人の頌歌(しょうか)であると。

 しかし、この危険な地域にロージ監督は通訳も使わず、一人で旅をし、人々をカメラに収め、それをドキュメンタリー映画として世界に発信した。ロージ監督こそ、褒め讃えるべき偉業を成し遂げたのではないだろうか。第77回ヴェネチア国際映画祭で3冠を受賞し、ユニセフ賞、ヤング・シネマ賞、ソッリーゾ・ディベルソ賞、最優秀イタリア賞も受賞した作品である。


監督・撮影・音響:ジャンフランコ・ロージ 配給:ビターズ・エンド
イタリア・フランス・ドイツ/2020 年/104 分/アメリカンビスタ(1:1.85)/アラビア語・クルド語/原題:NOTTURNO

2022 年 2 月11 日(金・祝)より Bunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー!

サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!