小林聡美と松重豊の大人のラブストーリー、映画『ツユクサ』になごむ

『かもめ食堂』『めがね』以来久しぶりに主演・小林聡美の、相変わらず知的な透明感を漂わせさりげない静かな演技に誰もが納得することだろう。演技というより、あらかじめ主演・小林聡美で決まり! というような気分の脚本であり、監督・平山秀幸のまなざしなのである。そこに、松重豊、平岩紙、江口のりこら熟練達者な俳優たちが加わって、間違いなく大人が安心して和むことができる作品に仕上がっている。人生、まんざらでもない、とじんわりと気づかせてくれるはずだ。

©2022「ツユクサ」製作委員会

 とはいえ、とある小さな田舎町で工場勤務をしながら暮らす五十嵐芙美(小林聡美)に、突然襲った隕石の衝撃にのっけから驚かされる。「ファンタジーか?」というような始まりがいずれ大人のラブストーリーになるとはいささか面食らうが、宇宙から降ってきた隕石とぶつかる1億分の1の確率の奇跡のような出来事が、平凡な一人暮らしの中年女性の日常をゆっくりと揺すぶり始める。

 同じ職場の直子(平岩紙)の小学生の息子、航平(斎藤汰鷹)は芙美になら何でも話せる、というか一人暮らしの芙美の日常を楽しくゆったりさせてくれる存在だが、航平を見つめる芙美にふっと哀しみがよぎることもあった。そんな芙美の静かな日常に揺れるツユクサのように篠田(松重豊)が現れる。ツユクサを使って草笛を吹きながら、どこか篠田も哀しみを抱えているような男だった。ともに心に負うものを抱きながら生きる中年の男女の慎みのある恋ごころが、1億分の1の恋になるのか。

五十嵐芙美、50歳を前にした奇跡の恋愛物語がはじまる……。2022年4月29日(金・祝)全国ロードショー。


<キャスト>
小林聡美
平岩紙 斎藤汰鷹 江口のりこ
桃月庵白酒 水間ロン 鈴木聖奈 瀧川鯉昇
渋川清彦 / 泉谷しげる / ベンガル
松重豊

監督:平山秀幸 脚本:安倍照雄 音楽:安川午朗
主題歌:中山千夏「あなたの心に」(ビクターエンタテインメント)
配給:東京テアトル

サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!