母への尽きぬ愛、4兄弟の絆を描いた『母へ捧げる僕たちのアリア』全国共通鑑賞券

 主人公は、南仏の海沿いの町の古ぼけた公営住宅で、兄3人と暮らす14歳の少年・ヌール。昏睡状態の母を兄弟4人は、自宅で介護をしている。生活は苦しく、ヌールはまだ中学生ながら夏休みは、兄たちの手足となって働き、命ぜられるままにバイト三昧の生活を送る。そんなヌールに欠かせない日課は、母の部屋までスピーカーを引っ張っていき、母の大好きなオペラを聴かせてあげることだった。そんなある日、 教育奉仕作業の一環で校内清掃中だったヌールは、そこで歌の夏期レッスンをしていた講師に呼び止められ、歌うことに魅せられていく――。また兄たちも、そんなヌールを温かく見守るのだった。

 ヌールが母親に聴かせるオペラの曲は「人知れぬ涙」にはじまり、パヴァロッティの「誰も寝てはならぬ」やマリア・カラスの「カルメン」など、劇中に登場する数々の名曲がドラマを各所で彩るのも、本作の大きな魅力の一つ。

© 2021 – Single Man Productions – Ad Vitam – JM Films

 芸術とは縁遠い環境の中で暮らす少年がオペラ歌手を夢見るきっかけとなるひと夏の出来事を、ヨアン・マンカ監督が、自伝的な要素を交え、映像で描いた長編デビュー作である。 

 本作は、2021年カンヌ映画祭<ある視点部門>に正式出品された。ヨアン・マンカ監督は、フランス映画界を担う新進気鋭の監督として注目されている。厳しい現実の中でもまっすぐに目を向けながら、4兄弟の絆、母への愛を貫き自らの夢を信じて一歩を踏み出そうとする少年の勇気を描いた感動作である。


『母へ捧げる僕たちのアリア』

6月24日(金)よりシネスイッチ銀座ほか全国順次公開

監督・脚本:ヨアン・マンカ
出演:マエル・ルーアン=ブランドゥ、ジュディット・シュムラ、ダリ・ベンサーラ、ソフィアン・カーメ、モンセフ・ファルファー
配給:ハーク 配給協力:FLIKK 


 鑑賞券プレゼント:2組4名様
 応募〆切:6月15日(水)

 

応募する

サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!