第5回 続・セールス四方山話 風雲篇

 また、北海道の中でも小都市の小さな直営館では、かける映画がないという状況が出てくる。封切で5週間興行なんて言っても、北見東映など、人口が10万人規模の地方の街の映画館では、5週間のロングランなんかできない。そうすると私の出番になった。『山口組三代目』特集の登場となる。それにポルノ映画大会。「痴漢大会」「女医大会」「団地妻大会」、それに結構客が入ったのが「女教師大会」だった。オールナイトだけでなく、1週間通常上映などもしたくらいだった。封切映画上映が5週間もたないのに、それに代わって上映できる新作映画の準備がなかったのだ。そうは言ってもブロックブッキングの時代だから、映画館に映画を提供しなければいけなかった。ずっとデータと向き合う仕事をしていたから、他社の映画会社の数字なども調べて、この映画とこの映画を組み合わせると面白いなとプランニングする。映画館にいかに黒字を出してあげるか、それが商売だったのだ。最終的には北海道支社のセールスは私一人だったから、私が全部やらなければならなかった。北海道のセールスを一手に担っているという責任も大きかったが、楽しかった。

 函館に昔気質の方が館主をやっている洋画系の映画館があった。洋画に関しては東映は新参者だった。週ごとに請求書を出していたが、220万円の未集金があった。担当者が退職していたので、その映画館に私が集金に行くことになった。最終的に決着がついたのが、半額にするからという提案で、110万払ってもらうというものだった。半分倒産しているような会社だったから、それでも先方は払えないと言うので、じゃあ手形を出してもらうということで20万円の手形を5本切ってもらい、帰ってきた。減額でアジャストしたことを本社に報告しなければならなかった。不渡りにならなかったことに安堵した。1年間未回収だったのが半額とは言え倒産しかけているような会社から集金できたのだから、よくやったということになったのだが、事務所に単身で乗り込むにはやはりそれなりの覚悟が必要だった。社長と奥様と番頭さんの3人しかいなかったが、眼光鋭くどこか威圧するような感じがあって、怖かった。まあ、任俠映画宜しく目出度く手打ちと相成ったというところである。

二代目社長・岡田茂が『ゴッドファーザー』を観て気に入り製作を思いついたという『山口組三代目』。公開は1973年で、『仁義なき戦い』シリーズの第3作『仁義なき戦い 代理戦争』と同じ年に公開されている。山口組三代目組長・田岡一雄の自伝をもとに作られているが、実話としての生々しさはないものの、『仁義なき戦い』を上回る記録的な大ヒットとなった。なにしろ実存する組織と組長が実名で登場するという前例のない映画だけに、映画ファンのみならず、タイトルに惹かれて映画館へ足を運んだ観客も多かったことだろう。監督は〝任俠映画〟時代の多くの名作を誕生させた山下耕作で、高倉健が若き日の田岡一雄を演じた。丹波哲郎、松尾嘉代、桜町弘子、水島道太郎らも出演しているが、健さんと菅原文太との雪の対決シーンが話題になった。©東映

1 2 3

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial