Stageミュージカル『ビューティフル』

懐かしのアメリカン・ポップスで綴られるキャロル・キングの半生

文=安倍 寧

 

 ヒロイン2人の予想外のキャスティング

 

ちょっと予想外なキャスティン グで、大丈夫かな?声優の水樹 奈々、G・ホルスト作曲「ジュピ ター」の印象が強い歌手の平原綾香がダブルキャストで、女性シンガー・ソング・ライターの先駆け キャロル・キングを演じると聞い たときの、私の率直な感想だ。

そもそも『 Beautiful The Caro le King Musical 』(2014年1月 14 日、ブロードウェイ開幕、続 演中)日本版の上演は無理と、頑 なに思い続けてきたせいもある。 日本のミュージカル女優で誰が若 き日のキングを髣 ほうふつ 髴させることができるのか? そっくりさんは望まないものの、誰がキングのような虚飾をはぎとった真摯な歌いぶりができるのか?

ブロードウェイのオリジナル・ キャスト、ジェシー・ミューラー が、初々しく逞しく、入魂の歌唱、演技を見せたせいで(トニー賞ミュージカル主演女優賞受賞)、 日本の女優、歌手にはハードルが高いと判断したふしなきにしもあらず。

水樹は声優としては超人気だが、ミュージカルには縁がなかった。平原もたった1回しかミュー ジカル出演の経験がない(『オペラ座の怪人』続篇『ラブ・ネバー・ ダイ』)。かえってそれだけに、ふたりとも役作りも歌の勉強もゼロ からスタートでき、それが有利に働くかもしれないと、今、私は少々考えを改めつつある。

題名の『ビューティフル』は、 キャロル・キングにとって人生の 大きな転機となった名盤『つづれ おり(タペストリー)』のなかの、 同名の1曲を踏まえている。劇中、 ほかにも「イッツ・トゥー・レイ ト」「君は友だち」のようなよく 知られた名曲が、キングの実人生 とからみ合ってそれこそタペストリーのように歌い継がれていく。

 

キングの青春の蹉跌その克服の物語

 

母に反抗してまで音楽家を志した少女時代から、『つづれおり』 の大ヒット、それを記念しての カーネギー・ホールでのコンサートが開かれる絶頂期まで、彼女の半生にはいいこと悪いことさまざまな出来事が次々と巻き起こる。

演劇ジャーナリスト、マイケル・ リーデルの人気コラム(ニューヨーク・ポスト紙連載、ネットで読める)に、以前こんなことがかかれていた。

『ビューティフル』がワークショップの段階にあった頃のことだが、キング本人が見学にやってきた。劇中のキングが夫で作詞家という仕事上のパートナーでもあるジェリー・ゴフィンから家を出ていと告げられ、赤ん坊のわが子を抱きつつ「ウィル・ユー・ラヴ・ ミー・トゥモロー」を歌う場面になると、涙が止まらず無言のまま稽古場を立ち去ったというのだ。

このミュージカルにはヒロイン、キングの青春の蹉跌、その克服の物語という側面があることを見逃してはなるまい。

『ビューティフル』にはミュージ カルとしてふたつの特色がある。 ひとつはありものの楽曲をベース にした所謂カタログ・ミュージカ ルだということ。もうひとつは ショウ・ビズ界の裏側を描いた バックステージものだということ。といっても『コーラスライン』 『 42nd ストリート』のような劇場 の楽屋物語ではなく、ポップスのヒット曲作りの内幕がリアルに描 かれる。

懐かしのアメリカン・ポップス に乗って私たちの青春が甦える!

 ミュージカル『ビューティフル』

 

帝国劇場にて7月26日~8月26日

脚本:ダグラス・マググラス
音楽・詞:ジェリー・ゴフィン &キャロル・キング、バリー・マン&シンシア・ワイル
演出: マーク・ブルーニ
振付:ジョシュ・プリンス
訳詞:湯川れ い子/翻訳:目黒条
出演:水樹奈々・平原綾香(Wキャス ト)、中川晃教、伊礼彼方、ソニン、武田真治、剣幸 ほか
料金(税込):S席13,000円、A席8,000円、B席4,000円

〔住〕千代田区丸の内3-1-1
〔問〕東宝テレザーブ03-3201-7777(9:30~17:00)

あべ やすし

音楽評論家。1933年生まれ。音 楽評論家。1933年生まれ。慶應 義塾大学4年生のときに日本のポ ピュラー音楽、レビューについて新 聞・雑誌に寄稿を始め、60~90年 代は、日本レコード大賞審査委員・ 実行委員、東京音楽祭国内・国際両部門審査委員を務め る。65~66年のシーズン以来、ブロードウェイ、ウエスト・ エンドの主要作品のほとんどすべてを観劇している。80~ 00年代にかけ劇団四季取締役として『キャッツ』『オペラ 座の怪人』『ライオンキング』などの日本公演の企画・交渉 に携わる。『ショウ・ビジネスに恋して』『ミュージカルにI LOVE YOU』『喝采がきこえてくる』などの著書がある。


新着記事

おすすめ記事

成城学園前~住人御用達の看板店

いい街には、いい本屋がある

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club