ミュージカル 『ナターシャ・ピエール・アンド・ ザ・グレート・コメット・オブ・1812』

『戦争と平和』が原作の壮大なポップ・オペラ

 

文=安倍 寧

 

ブロードウェイ・ミュージカル に似合う華麗で壮大な世界

 

このミュージカルは、ロシアの文豪トルストイの大河小説『戦争と平和』に基づく。新潮文庫版(工藤精一郎訳)で4冊、岩波文庫版 (藤沼貴訳)で6冊の長篇小説である。

東大での講義をまとめた『東京大学で世界文学を学ぶ』という著書もある作家の辻原登氏は「30歳を超えて1日30ページ、1年かけて読み、これは神業だ」(毎日新聞)と思ったそうだ。

トルストイの造形したロシア貴族らとナポレオンなど実在人物とが交錯し合う。登場人物559人。 まさしく大ロマンと呼ぶにふさわしい。

『ナターシャ・ピエール・アンド・ ザ・グレート・コメット・オブ・1812』は、専ら、その巨大小説の第2部第5章にのっとり、19 世紀初頭のロシア帝国ならではのエキゾチシズムを存分に振り撒いてみせる。ロシア貴族社会の華麗さ、壮大さは、案外ブロードウェ イ・ミュージカルによく似合う。

ミュージカルの表題をひもといておく。ナターシャは伯爵家の次女。貴族のアンドレイと婚約するが、彼が対ナポレオン戦争に出陣している最中、放蕩児アナトールとの浮気に走る。ピエールは大貴族の父と平民の母の間に生まれた庶子だが、大遺産を手にする。常に人生を考える思索家の面を持つ。アナトールはピエールの妻エレンの兄に当たる。

〝1812年のグレート・コメッ ト〟とは、 11 年3月から 12 年1月 までロシア上空に輝いたとされる長い尾の巨大な彗星を指す。ピエールが目にし、不吉な出来事の前触れを感じとる。なにか大きな 歴史的変化の予兆であったのかもしれない。

 

物語を前へ前へと推し進める音楽の力

 

私がこのミュージカルでいちばん注目したいのは、ひとりの男が台本・作詞・作曲・編曲をこなしている点である。その男の名はデ イヴ・マロイ、1976年1月26 日生まれ、来年1月で 43 歳を迎え る。ブロードウェイの劇場でただ でくれるプログラム「プレイビル」のスタッフ紹介欄によると、『ナ ターシャ・ピエール~』以前、11 のミュージカルを書いているそうだが、オフブロードウェイ作品が多く、私の知る題名はない。

ただし、ミュージカルの新人作曲家にあたえられる賞、奨学金はことごとく手にしている。そのなかには『レント』の作詞・作曲家 で早世したジョナサン・ラーソンの印税で運営される、ラーソン基 金からの奨励金も含まれる。マロイが、長年、嘱望されてきた逸材であったということと共に、アメリカ・ミュージカル界には若い才 能をはぐくむシステムができ上がっていることにも、この際、目を向けたいと思う。

マロイの音楽は、プロローグからロシアの大地を連想させるどっしりとした旋律に彩られる。厚目のコーラスもこれぞロシアと叫びたくなる。一方、部分的には今時のEDMをとり入れた個所もある。マロイ本人名づけて曰く〝エ レクトロポップ・オペラ〟。音楽の力で物語を前へ前へと押し進めるあたり、オペラと呼んでもまったく違和感はない。

ピエールには「 Dust and Ashes (塵あくた)」という繊細で優美の極みのすばらしいアリアがある。 この曲をピエール役の井上芳雄がどう歌い上げるか。他の配役はナターシャ生田絵梨花、エレン霧矢 大夢、アナトール小西遼生、アンドレイ武田真治など。訳詞・演出 小林香。

ミュージカル 『ナターシャ・ピエール・アンド・ ザ・グレート・コメット・オブ・1812』

 

東京芸術劇場 プレイハウスにて

2019年1月5日(土)~1月27日(日)

音楽・詞・脚本・オーケストレーション:デイブ・マロイ

訳詞・ 演出:小林 香/出演:井上芳雄、生田絵梨花、霧矢大夢、小西遼生、松原凜子、水田航生、はいだしょうこ、メイリー・ムー、 原田 薫、武田真治

料金(税込):コメットシートS(ドリンク券付)16,000円、コメットシー トA(ドリンク券付)14,000円、S席13,000円、A席8,000円

〔住〕豊島区西池袋1-8-1

〔問〕東宝テレザーブ03-3201-7777(9:30~17:30)

あべ やすし

音楽評論家。1933年生まれ。 慶應義塾大学4年生のときに日本のポピュラー音楽、レビューについて新聞・雑誌に寄稿を始め、60~90年代は、日本レコード大 賞審査委員・実行委員、東京音楽祭国内・国際両部門審査委員を務める。65~66年のシーズン以来、ブロードウェイ、ウエスト・エンドの主要作品のほとんどすべてを観劇している。80~00年代にかけ劇団四季取締役として『キャッツ』『オペラ座の怪人』『ライオンキング』などの日本公演の企画・交渉に携わる。『ショウ・ビジネスに恋して』『ミュージカルにI LOVE YOU』『喝采がきこえてくる』などの著書がある


新着記事

おすすめ記事

玉川学園前 ~学生街の大人の居場所~

西洋アンティークのあるお店

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club