クイーン『ボヘミアン・ラプソディ (オリジナル・サウンドトラック)』

ロックが 真のパワーを持ち、 時空を超えて 永遠に存在することを 証明するアーティストたちの名盤

 

文=立川直樹

 

フレディ・マーキュリーという不世出のヴォーカリストがどのようにしてショービジネスの世界に登場したかが浮き彫りにされ、クイーンというバンドの音楽が何故唯一無二のものであるかが解き明かされていく映画『ボヘミアン・ラプソディ』が世代を超えて支持されて大ヒットしている。

メンバーのブライアン・メイとロ ジャー・テイラーが音楽総指揮をしているので、リアリティがあり、演奏シーンなども実にうまく撮られているが、映画のサントラ用に制作された音源をはじめ、未発表ライヴや歴史的なライヴ・エイドの劇的なパフォーマンスなどがCD初収録された『ボヘミアン・ラプソディ』は映画を離れても、ロックがいかに真のパワーを持ち、時空を超えて永遠に存在していくかを示している。

そして、時空を超えてというと、ジョン・レノンの名盤『イマジン』のオリジナル・マスター・テープからの新リミックス音源やエレメンツ・ミックスやアウトテイクを36曲収録した『イマジン:アルティメイ ト・コレクション』。さらに誕生から 50 周年を記念して、リマスタリングが施されたオリジナル・アルバム、 未発表デモ、アウトテイク、ライヴ 音源に長編ドキュメンタリーまでつ いたザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスの『エレクトリック・ レディランド50周年記念盤』、まるで対のような形で存在していると いってもいいジャニスジョプリン/ ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニーの『チープ・スリ ル(50周年記念エディション)』と続く。

おまけにボブ・ディランが1975年に発表し、全米1位を獲得、最高傑作ともいわれている『血の轍』の原型ともいえる録音をまとめた 『モア・ブラッド・モア・トラックス(ブートレッグ・シリーズ第 14 集)』 も発表される。

貴重なアーカイブ映像とともにエリック・クラプトン自らが音楽と人生を語るドキュメンタリー映画『エリック・クラプトン─ 12小節の人生 ─』の中で流れるビッグ・ビル・ブ ルーンジーやマディ・ウォーターズ のブルース・ナンバーからヤード・ バーズ、ジョン・メイウォール&ザ・ ブルースブレイカーズ、クリーム、 デレク・アンド・ザ・ドミノス、ソロ・ ワークまでの名演が連なり、さらに アレサ・フランクリンやザ・ビート ルズとクラプトンが共演している音 源まで使って構成された2時間半を 超える内容のオリジナル・サウンド トラックも、そこにつながっていく。

その濃さといったら、しっかりとしたソースをふんだんに使って作られたフランス料理のコースをシャンパンから重めの赤ワインを飲みながら3夜続けて食べたような感じ、といってもいいかも知れないが、生誕85周年を迎えたヨーコ・オノが1970年から2009年までの作品の中から選び出し、新たな解釈で新たにレコーディングした14 曲を収録した『ウォージン』は、その濃さに強力なスパイシーさが加わっている。

〝戦闘地帯戦闘地帯私達は戦闘地帯に生きている〟という言葉で始まるタイトル曲から全てがヨーコの社会に対するメッセージであり、11月上旬に行われたアメリカ中間選挙で共和党の強固な地盤テキサス州で現職のテッド・クルーズに挑み、惜敗 したベト・オルークの敗北宣言の後に流れた「イマジン」のカバーも胸 にしみる。その「イマジン」はバー バラ・ストライザンドも最新作『Walls』の中で、ルイ・アームス トロングの歌で知られる「この素晴 らしき世界」とメドレーで歌っている。バーバラの姿勢もロックだ。

ジャケット写真クイーン『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)』

クイーン
『ボヘミアン・ラプソディ (オリジナル・サウンドトラック)』

UICY-15762 2,500円+税

発売元:ユニバーサル ミュージック

たちかわ なおき

音楽、映画、舞台、美術、出版など幅広いジャンルで活躍するプロデューサー&ディレクター。伊丹十三、篠山紀信、横尾忠則、久石譲、ピエール・バルー、ミック・ロック、和田誠、鋤田正義など各界のアーティストの映画音楽から展覧会までプロデュースを手がける。ジャンルをかけ合わせるメディア・ミックスやロックとオーケストラのコラボレーションなどでは独自の手法で高い評価を得ている。著書に『シャングリラの予言(正・続)』(森永博志氏との共著)、『セルジュ・ゲンスブールとの一週間』『父から子へ伝える名ロック100』『TOKYO1969』など多数の著書がある。


新着記事

おすすめ記事

玉川学園前 ~学生街の大人の居場所~

西洋アンティークのあるお店

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club