Connections─海を越える憧れ、日本とフランスの150年


会期:2020年11月14日(土)〜 2021年4月4日(日)
*会期中に展示替えあり
会場:ポーラ美術館

 

 日本とフランスは、新しい美の基準や感性を模索する中で、互いに必要不可欠な存在です。ジャポニスムと関係の深いモネやゴッホ、フランスで学んだ黒田清輝や岡田三郎助、セザンヌやルノワールと彼らに心酔した安井會太郎など、日仏の「美の往還」を辿ります。また、黒田清輝の師ラファエル・コランの幻の作品《眠り》が初来日し、本展で120年ぶりに公開されるとともに、黒田清輝の代表作《野辺》が同時に公開されます。さらに、森村泰昌や山口晃、荒木悠など、国際的に活躍する現代のアーティストの作品も出展されます。


 

黒田清輝《野辺》1907(明治10)ポーラ美術館
フィンセント・ファン・ゴッホ《ヴィゲラ運河にかかるグレーズ橋》1888年
油彩/カンヴァス  46.8×51.3 cm  ポーラ美術館
森村泰昌《肖像(ゴッホ)》1985年(昭和60) カラー写真  120.0×100.0 cm
高松市美術館

山口晃《新東都名所 「芝の大塔」》(制作:アダチ版画研究所)2014年(平成26) 木版画   39.2×26.9 cm  ミヅマアートギャラリー
©YAMAGUCHI Akira, Courtesy of Mizuma Art Gallery

美術館サイトhttp://www.polamuseum.or.jp
お問い合わせ:0460-84-2111
休館日:会期中無休
開館時間:9:00~17:00(最終入館は16:30)
入館料 一般1,800円 65歳以上1,600円 大学・高校生1,300円、中学生以下無料

PR

サントリー美術館様

特集 special feature 

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三 80歳の青春

加山雄三 80歳の青春

若大将、人生を語る

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

下北沢に「住む」「学ぶ」寮生活

topics 下北沢に「住む」「学ぶ」寮生活

SHIMOKITA COLLEGE 登場

ロマンスカーミュージアム

ロマンスカーミュージアム

小田急線海老名駅に来年4月開業

文化都市・六本木ヒルズで元気になる

文化都市・六本木ヒルズで元気になる

村上隆彫刻作品「お花の親子」が出現

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

参宮橋

参宮橋

松下洸平さん

代々木上原

代々木上原

松田悟志さん

下北沢 第4景 

下北沢 第4景 

横田栄司さん

下北沢 第3景

下北沢 第3景

藤田俊太郎さん

下北沢 第2景

下北沢 第2景

大谷亮平さん

下北沢 第1景 

下北沢 第1景 

カズ・ハヤシさん

伊勢原

伊勢原

眞島秀和さん

喜多見

喜多見

鈴木伸之さん

千歳船橋

千歳船橋

町田啓太さん

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial